住まいの見積と図面住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●見積を取れ(注文住宅)
見積の手順
見積書の見方
図面と見積書の関係
プロの見積査定
諸経費って何?
坪単価と適正価格
建物グレードと坪単価

●見積を取れ(建築条件付)
見積の手順
見積書の見方
図面と見積書の関係
建築条件付の見積の特徴

●ローコストの心得
坪単価の目安は建売住宅
見栄、体裁を捨てて・・
変更、追加は損!
建物の形とコスト要素
定価と値引率のカラクリ
時間を武器に使え!
途中で諦めるな

●値引きのツボ
値引きはいくらまで可能か
値引きは織込み済みを
知っておこう

値引率で判断するな!
精一杯の値引きです

●住宅価格の裏側
住宅価格 4つの特徴
単価比較は意味が無い
価格の主導権はどっち
オープン価格と設計価格
仕切り値と値付け

●見積ミニ知識
予算提示はすべきか?
各業界の利益調べ(2007)
HM別、坪単価の傾向

見積はポーカーゲーム
見積は誰もわからない
目くらましテクニック
坪数水増しテクニック


 

 

 

 住宅を取得する時、自信を持って予算把握が出来る人はまずいないでしょうね。
 ネット情報を集め、いろいろな資料をめくってみても想定していた予算よりも予算オーバーになっていく人の方が多いのかも知れません。
 私たちが手にする多くの商品は、価格ドットコムなどの価格検索サイトなどで価格の目安を知ることが出来ますし、そういった情報をもとに腹づもり(資金予定)をした上で購入することが出来ます

  しかし、住宅の工事費は、材料だけでなく施工費という2つの組み合わせで決まるため、いくら建材などを扱っているサイトの値段を見たところで役にはたちませんし、費用そのものが広範囲になるため、こんな費用も必要だったの、といった想定外の費用も出てくるため、工事費全体の適正予算を知ることはほとんど出来ません。

 そのために、坪単価なるものが一つの目安にはなるのですが、ところがローコストのハウスメーカーなどが表れてくると、この坪単価も早々簡単な目安にはなりにくくなってきています。なぜなら、広告で使われる坪単価や総額表示は建物だけであり外回りに必要な工事費や申請に必要な費用を除外して宣伝しているからです。

 つまり、単に価格ドットコムで価格の目安がわかるほど単純なものではありません。また、材料費や施工費は各社各様のため、同じ工事でも業者によって大きく費用が違うという非常に幅のある価格なのです。

 そのために、今まで生活してきた消費行動とは全く違う心構えが必要となっていきます。
 この章では他の商品、製品とは少し違う住宅価格の特徴を説明しています。
 大きな特徴は、下の4つです。

●単価比較は意味が無いトータル価格で考えること
 希に相見積もりをとり、各社の単価を見て一喜一憂している方もいますが、単価比較はほとんど意味がありません。大事なのはトータルコストです。

●価格の主導権はどちらが持っているのか(建築条件付きの場合)
 契約するのは私だから、買い手、値発注者が強いのだ、と思うと大間違い。
 得てして住宅価格はグレーゾーンなので、請負側が主導権を持っている場合の方が多いのです。

●オープン価格と設計価格の違い
 定価というものがなくなったかわりにオーブン価格というわかりにくい価格が現れています。建材メーカーなどを見ていると設計価格という言葉も耳慣れない言葉も目にしますね。さて、その言葉の意味と特徴は・・。

●仕切り価格と値付けの意味
 住宅設備で顕著なのですが、半値八掛けは当たり前の世界。そもそも定価なんて見せかけなんですよ。住宅設備の価格の裏側をご案内しましょう。


工事費は、
材料費と施工費の組み合わせで、決まる

     住宅価格の裏側   
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内
d@)4: