住まいの見積と図面−図面ってなあに!住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●図面ってなあに!
図面の目的
配置図
平面図
立面図、断面図
仕様書、仕上表
平面詳細図
矩計図
基礎伏図
電気設備図
構造図

●ちょっと難しいが、耐震上
  大事な壁量計算書の見方
○軸組工法

壁量計算書
壁量計算の方法
なぜ壁量計算が大切か
耐力壁のバランスチェック
壁量計算書の例
○2X4工法
壁量計算書
壁量計算の方法
なぜ壁量計算が大切か
・耐力壁のバランスチェック
 (今後アップの予定です)

壁量計算書の例

 
図面ってなあに!-壁量計算の方法(2X4工法)

a.b:地震力の定数
 地震力の算定は1階、2階の床面積(a)に、屋根材の種類に応じて(b)の係数を右表から選ぶだけです。
 この例題では瓦以外の屋根として計算しています。


c.d:見付面積と風圧力の定数
 風圧力に必要な必要壁量は、右図のように1階の場合は、1階の床から1.35mから上の部分の建物の外壁、屋根などの見付面積に50を掛けると1階の必要壁量が計算され、2階は2階の床から1.35mから上の部分に50を掛ければ、その階の必要壁量を計算することができます。
注:X方向、Y方向それぞれに計算します。


e.f:耐力壁の種類と倍率
 C表で使用する耐力壁の種類や倍率は法律で定められており、ほとんどの場合は右表から選ぶことになります。
 筋交いと構造用合板などを併用している場合は、5.0まで倍率を加算できます。たとえば片筋交いの倍率2.0と構造用合板の倍率2.5の併用では、この壁の倍率は4.5となります。ただし、たすき掛け筋交いの倍率4.0と構造用合板の併用で倍率6.5になっても、計算上の倍率は5.0とします。



g.h:壁長と箇所数
 壁長は耐力壁の長さです。(cm)そして箇所数は単純に数えれば終わりです。

 


  

  壁量計算書の見方(軸組工法)  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内