住まいの見積と図面−図面ってなあに!住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●図面ってなあに!
図面の目的
配置図
平面図
立面図、断面図
仕様書、仕上表
平面詳細図
矩計図
基礎伏図
電気設備図
構造図

●ちょっと難しいが、耐震上
  大事な壁量計算書の見方
○軸組工法

壁量計算書
壁量計算の方法
なぜ壁量計算が大切か
耐力壁のバランスチェック
壁量計算書の例
○2X4工法
壁量計算書
壁量計算の方法
なぜ壁量計算が大切か
・耐力壁のバランスチェック
 (今後アップの予定です)

壁量計算書の例

 
図面ってなあに!−電気設備図


 打ち合わせ過程でまとまった照明やスイッチ、コンセントなどの位置を示したものが電気設備図といった名称で作られる設備の図面です。
 下図はその位置を表示しただけですが、建築会社によってはスイッチと照明を線で結んでわかりやすくしている場合もあります。
  基本は図面段階でしっかりと使い勝手を想定して照明やスイッチ、コンセントあるいは電話、テレビなどの位置を決めておく必要がありますが、実際には建物がある程度できあがってくると部屋の感じなどが思っていたイメージと違う場合もあります。
  上棟して、断熱材が入るまでは多少の変更は可能ですから、上棟後、サッシが入り、断熱材を入れるまでに最終的なチェックを現場で行いましょう。

注:建築会社の多くは、完成間際の変更は対応できないため、上棟後、窓や部屋の大きさや区画が分かるようになった時期に、これらの変更が無いかどうかの最終的な現場立会を行っている会社が多いです。 そのような機会を特別に設けない会社でも、断熱材の入る前には現場で実際の使い勝手を再確認し、スイッチやコンセントなど電気関係の変更の必要がないかどうかをチェックしましょう。完成してからでは移動もほとんどできませんから。
注:建築条件付き宅地などでは、省力化、悪く言えば図面を書く手間やコストを惜しんで、これらの図面を書かずに平面図の上に手書きで書いたものを渡すだけの会社もありますが、そのような場合でも、きっちりと打ち合わせを行い、言った言わないのトラブルは避けたいものです。  
 

  

  図面ってなあに!  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内