住まいの見積と図面住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●見積を取れ(注文住宅)
見積の手順
見積書の見方
図面と見積書の関係
プロの見積査定
諸経費って何?
坪単価と適正価格
建物グレードと坪単価

●見積を取れ(建築条件付)
見積の手順
見積書の見方
図面と見積書の関係
建築条件付の見積の特徴

●ローコストの心得
坪単価の目安は建売住宅
見栄、体裁を捨てて・・
変更、追加は損!
建物の形とコスト要素
定価と値引率のカラクリ
時間を武器に使え!
途中で諦めるな

●値引きのツボ
値引きはいくらまで可能か
値引きは織込み済みを
知っておこう

値引率で判断するな!
精一杯の値引きです

●住宅価格の裏側
住宅価格 4つの特徴
単価比較は意味が無い
価格の主導権はどっち
オープン価格と設計価格
仕切り値と値付け

●見積ミニ知識
各業界の利益調べ(2007)
HM別、坪単価の傾向

見積はポーカーゲーム
見積は誰もわからない
目くらましテクニック
坪数水増しテクニック

 
見積もり−見積書の見方(建築条件付宅地の場合)


見積書は単純

  建築条件付きの場合は、最初から標準仕様が決まっているため、オプションや追加工事の見積書は単純なものです。ほとんどが材料と工賃などをすべて含めて、コンセントの追加1カ所いくら、断熱材の変更であれば一式いくら。といった表現で細部明細がでることはまずありません。
 そのため、標準仕様でなにか入っているかを把握しておく必要があります。


図面もチェック

  建築条件月の物件では、営業、設計、図面、工事監理の連携が悪く、営業との打ち合わせ時には頼んでいたのに、現場に行ってみるとついていなかった。といった間違いも起こりやすいです。

 図面も外部の事務所に委託し、設計者の顔すら見たことがない。ということも良くあります。
 そのため、キチンと追加見積書をもらうと同時に、図面にも反映されていることを確認しておきましょう。

 このことは、仲介業者を経由して打ち合わせをする場合もよく起こります。言った言わないの問題が生じないように、追加見積書にも変更が書かれている。図面にも書かれている。という2つのチェックを確実にしておきましょう。


  見積もり(建築条件付き宅地)  
2012.10 「間取り図で見分ける買っていい家と悪い家」 を出版しました。住宅の購入や契約のための121のチェックポイントが網羅されています。
このホームページやサポートサービスのマニュアルにも載っていない部分もありますので、ぜひご活用ください
アマゾン(Amazon.co.jp)

2011.6 「断熱」の本を出版しました。
『よくわかる最新断熱・気密の基本と仕組み』―断熱・気密がわかれば、結露と換気もよくわかる! 断熱・気密の技術 』
下記でお求めいただけます。
アマゾン(Amazon.co.jp)
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内