マイホームの基礎知識−住宅ローンの基礎住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

長期優良住宅制度とは

●基礎知識
戸建住宅4つの取得法
確認申請とは
住宅会社のバラツキ度

●構想、計画編
ライフステージを考える
ライフスタイルを知ろう
設計と工事に必要な時間
コラム:工期は何ヶ月が適正
購入派 VS 賃貸派

●不動産取引の基礎
土地 建物をめぐる法律
不動産広告の見方
建物価格の目安
地価を調べる
不動産広告の種類と信頼度
不動産業者チェックポイント

●住宅ローンの基礎
トータル費用の把握
いくら借りられるか
繰上返済でさっさと返そう
変動金利か、固定金利か
銀行金利の裏を見よ!
火災保険のミニ知識
コラム:保証料っな〜んだ!

●コラム&ミニ知識
住宅20年の性能変化
大中小、零細企業の比率

データから見る住まい
人工減少社会と住まい


●プランのヒント
○部屋の広さ
リビングの広さ
主寝室の広さ
子供室の広さ
フリースペースの注意点
ちょうどいい。マイスペース

○その他
収納のヒント
2階リビングの
メリット、デメリット

生活感が近くなる1/50の縮尺
風通しの良い家にしたい
シンナーバルコニーの薦め
南にある建物の影の長さ
○窓の科学
失敗した−!?第一位・窓
窓の大きさと配置の目安
窓の方角と人間心理学
【実践】 窓の配置・1階
【実践】 窓の配置・2階

 


 

 

 


●保証料とは、お金で買った連帯保証人のこと
 銀行から住宅ローンを借りるときには、いろいろな諸費用が必要になります。代表的なものとしては、事務手数料、保証料、団体信用生命保険、あるいは火災保険に入ることが条件となっている住宅ローンもあります。

 今日はそのなかのもっとも大きな費用負担となる「保証料」の性格を知っておきましょう。保証料って、その名の通り、私たちのために何かを保証してくれる・・と思ったら大間違いです。

 その前に、保証料の取られ方をチャックしておきましょう。大きくは、保証料をとる銀行と取らない銀行に別れます。つぎに、保証料も外枠方式と言われる最初に一括して支払う方法と、内枠方式といって、ローン金利に0.2%内外を上乗せして支払う方法があります。

 つまり
・保証料を取らない銀行(ネット系に多く、ソニー銀行、東京スター銀行、新生銀行、住信SBIネット銀行、オリックス信託銀行などが代表的。フラット35も、保証料不要です)
・外枠方式の銀行(いわゆる都市銀行系で、住宅ローン締結時に数十万円といった金額を一括支払する)
・内枠方式の銀行(都市銀行系で、住宅金利に0.2%程度を上乗せする方式。内枠、外枠の選択出来る銀行もある) と、3つのタイプに別れます。

 保証料不要とする銀行も出てきていますが、まだまだ、保証料を何らかの形でとる銀行の方が圧倒的に多いですね。

■では、この保証料はなんのために取られているのか?
 それは、あなたが住宅ローンの支払が滞り、あるいは支払が出来なくなったときに、銀行があなたに貸し出していた住宅ローンをあなたの変わりに、保証会社から代位弁済(代わりに立て替えて払ってもらう)してもらうための保証料なのです。

 そしてその後で、その保証会社はあなたに「あなたが支払えないから、あなたの変わりに銀行に支払った住宅ローン残高を返せ・・・」と迫ってきます。

 なんのことはない、この保証料はあなたが返せなくなったときの保証をするのではなく、あなたが返せなくなったときに、銀行が保証会社にその住宅ローンの残額支払いを代替わりしてもうための保証料なのです。

 銀行ではこんな説明はしてくれません。せいぜい、あなたが支払えなくなったときに代位弁済をしてくれます・・程度でお茶を濁し、後で保証会社からあなたに全額支払えと請求が来ます・・なんて懇切丁寧に説明してくれませんよ。

 ゆめゆめ、「あぁ。この保証料ってものは、きっと私たちが支払えないときに代わりに支払ってくれる保証料だわ・・」なんてのんきなことを考えないようにしましょうね

■保証料とは、お金で買った連帯保証人のこと

 20年.30年前は住宅金融公庫の住宅ローンを借りるのにも連帯保証人が必要でした。しかし、今はそういう保証人になったり、求めたりすることが難しい世の中になっています。そういう意味で、この「保証料」という仕組みも、昔の「連帯保証人」をお金で買っている・・・という仕組みに他ならないのです。

 では、住宅ローンが支払えなくなり、保証会社が代わりに支払った住宅ローンは、その後どうなるのでしょうか。そのまま住んで良いの?支払が残っていた住宅クローンの支払はどうなるのでしょうか。
 連帯保証人を考えれば分かりますね。
 自分が支払えなかった住宅ローンは、昔で言う連帯保証人が肩代わりをしてくれた。。。

 つまり、連帯保証人が立て替えてくれただけで、借金の残高がゼロになり、連帯保証人が建て替えてくれて終わりだ・・とはならないのは、連帯保証人というものを考えれば分かりますね。


  住宅ローンの基礎
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内