建築条件付き宅地とは住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●同時契約は違法です!
土地と建物の
   同時契約は違法です

●業者の本音を知っておこう
なぜ、建築条件付きが多い
早い、安いが信条!
僕、知らない!

●建築条件付き宅地とは
建築条件付き宅地とは
青田売りにだまされるな
チェック・ポイント
ミニ・コラム中古住宅購入

●危ない戸建て広告
宅建業法を知ろう!!
こんな広告に出会ったら
身を守る契約の仕方
解約はできるのか?

●不動産用語の豆知識
不動産を売る
不動産を買う
重要事項説明書
登記について
その他の用語


 

 

 
建築条件付き宅地とは−ミニ・コラム
どんな商売でも、仕入れがついてまわる商売には不良在庫が存在します。不動産も同じです。
せっかく仕入れた土地が寝ている。客がつかない。
業者にとっては死活問題です。
そしてどんな商売でも、仕入れ値段を安くする。工事費などの製造原価を安くする。販売効率を上げる。これら商売の共通原理は、不動産販売にも当てはまります。
よい業者、悪い業者を見極める。
一生に一度の大切な買い物を自分の目で確実に確かめる。
玉石混在のこの世界に、十分な知識を持って臨んでください。

建築条件付き宅地は、独占禁止法の解釈から来ています。
宅地建物の取引を定めた「宅地建物取引業法」ではありません。
「宅建取引主任者」の試験にも出ません。
当然、取り締まる行政窓口も曖昧で、限られています。
違法販売だからといって、警察が動くわけでもありません。
独占禁止法自身が、極めて相対的な、市場の相対的関係から成り立つ法律であるため、違法販売かどうかの線引きも微妙です。
ダイオキシンの例を見るでもなく、行政の取り組みは極めて緩慢です。ならば、結局、消費者が自衛するしかない。
あなたが支払うであろう大金と30年以上の長いローンはあなたしか関係のないこと。
法律が守るべき指針を作っているなら、その指針を知ろう。
知ることが自衛の第一歩。
業者を選ぶ第一歩。


もし、建築条件付き宅地の3条件が満たされていないと感じるなら、せっかくのあなたの希望に沿った良い土地、良い価格であっても断る勇気を持とう。全ての業者が悪質であるとはいわない。
しかし、手抜き工事をする可能性は内在している。
もし、手抜き工事や粗悪品を見抜き、業者の手玉に載らない知識と知恵を身につけているなら、堂々と渡り合えばいい。

その会社が納入出来ない違うキッチンなどを別の会社から入れたい。るいは、安い会社を知っているので、そこから入れたい。
キッチンに限らず、住設機器に関してはこのような要望が出てくる場合があります。本来、建物の参考価格の中に入っていたものを別の会社から納入し、別途工事にしたいということは出来るのでしょうか。
建前や筋論からいえば出来る。
しかし、一筋縄ではいかない問題です。
建築会社は必ず、「後の保証が出来ない」、「一括でないと困る」等といって別途工事になることを拒みます。なぜなら、その部分にも建築会社の利益になる部分があるからです。売上げも下がる。利益も下がる。みすみす別途工事などで別の業者に自分の現場に入られたくない。
もう一つは、全く扱ったことのない製品の場合、給排水などの設備の接続面で別途納入業者と調整がうまくいかず、機器との接続に労力がかかってしまう。というもっともらしい業界の理由もあります。
いずれにしても業者のおごりと怠慢です。
最初の理由は、独占禁止法の独占的地位の濫用そのものです。
後者の場合は、調整力や技術力の怠慢以外の何者でもありません。
「ぬかにくぎ」 とは、少し違いますが、その意味で一筋縄ではいかない問題なのです。
あなたが、相手の会社の値踏みをしたいのなら、
「○○の機器を別途にしたいが・・・・」といってみてください。
別途工事には出来ない、という自分の利益しか考えていない業者や調整・技術力のない業者なのか、
あるいは、顧客の立場や利益を考え、別途工事に同意する良心的な業者なのかが判断できる重要なキーワードにもなり得ますょ。
ただ、絶対に別途工事に出来る魔法の手段はありません。
この場所がいい、この価格が良い、そんな顔をしていると、業者の思うつぼ。

業者にあなたの家をつくっていただくのではありませんょ。
業者に作らせてやるのだ、でもありませんょ。

対等に話が出来る相手を見極める。それが答えです。


  建築条件付き宅地とは
2012.10 「間取り図で見分ける買っていい家と悪い家」 を出版しました。住宅の購入や契約のための121のチェックポイントが網羅されています。
このホームページやサポートサービスのマニュアルにも載っていない部分もありますので、ぜひご活用ください
アマゾン(Amazon.co.jp)

2011.6 「断熱」の本を出版しました。
『よくわかる最新断熱・気密の基本と仕組み』―断熱・気密がわかれば、結露と換気もよくわかる! 断熱・気密の技術 』
下記でお求めいただけます。
アマゾン(Amazon.co.jp)
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内
36