危ない戸建て住宅住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●同時契約は違法です!
土地と建物の
   同時契約は違法です

●業者の本音を知っておこう
なぜ、建築条件付きが多い
早い、安いが信条!
僕、知らない!

●建築条件付き宅地とは
建築条件付き宅地とは
青田売りにだまされるな
チェック・ポイント
ミニ・コラム中古住宅購入

●危ない戸建て広告
宅建業法を知ろう!!
こんな広告に出会ったら
身を守る契約の仕方
解約はできるのか?

●不動産用語の豆知識
不動産を売る
不動産を買う
重要事項説明書
登記について
その他の用語


 

 

 
危ない戸建て住宅−こんな広告に出会ったら
建築条件付きと書かれ、土地と建物の参考価格が3100万円と書かれた広告
建築条件付きと書かれていても、実際にはそのような説明をせず、建物のプランを2〜3回程度描いて、土地と建物の同時契約を迫るのが一般的です。
そして、建築条件付きと書かれていますから、名実ともに建築条件付きの宅地の販売です。土地と建物の同時契約は絶対にしないこと。
広告に小さく書かれた建築条件付きの意味をしっかりと理解しておきましょうね。
売地と書かれているが、参考プランと総合価格3980万円と書かれた広告
売り地と書かれているものの、建築条件付きとも書かれていません。建物参考プランと書かれていますから、建物はこれからのれっきとした土地だけの販売です。
でも建築条件付きとも書かれていませんから、知らない人は土地と建物は同時に契約するのだと思いこんでしまいます。
こんな広告も土地と建物の同時契約を迫られても、してはいけない広告のひとつです。もちろん、土地だけの販売ですから、どこの建築会社と工事契約をしようと自由なはずです。でも、ほとんど例外なく土地と建物の同時契約を迫ってきます。
新築3980万円で「フリープラン」と書かれた広告
新築と書かれていながら、実は建物も建っていない。建築確認も出していない広告があります。
新築とは、完成後築1年以内の建物を指します。明快な宅建業法第33条、建築確認を通ったものでなければ広告を出すことはできないと定めた規定を違反した広告です。こんな広告に出会ったら、土地の契約だけを先行する「建築条件付き」の土地契約だけを先に行うことです。もともと宅建業法に違反した違法な広告なのですからね。
新築3980万円で参考プランと書かれた広告
これも上と同じ雰囲気の広告ですね。

しかも、土地と建物別々の価格表示もしていませんから、最初から土地と建物の同時契約をもくろむ違法広告です。



  危ない戸建て住宅  
2012.10 「間取り図で見分ける買っていい家と悪い家」 を出版しました。住宅の購入や契約のための121のチェックポイントが網羅されています。
このホームページやサポートサービスのマニュアルにも載っていない部分もありますので、ぜひご活用ください
アマゾン(Amazon.co.jp)

2011.6 「断熱」の本を出版しました。
『よくわかる最新断熱・気密の基本と仕組み』―断熱・気密がわかれば、結露と換気もよくわかる! 断熱・気密の技術 』
下記でお求めいただけます。
アマゾン(Amazon.co.jp)
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内