よう壁住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●地盤
地盤の用語集
軟弱地盤と地盤補強
造成地と地盤
深基礎と地盤

●地盤調査書の見方
地盤調査
地盤調査書の見方

●地盤というもの
宅地の半分は軟弱地盤
軟弱地盤とは?
なぜ軟弱地盤が多いのか?
軟弱地盤の見分け方
以前の土地を知ること
軟弱地盤が問題なのは・・
建物が傾くとどう感じる
土50cmは、
  木造2階建の重さに匹敵

●液状化
液状化の3条件
住宅地盤調査の限界
SS式調査の限界例
地下水位を知れ
傾いた家の復旧費用
液状化・簡易判定法
同じ地域なのに液状化に差
なぜ住宅に被害が多いのか
住宅の液状化対策は?
柱状改良杭は有効か?
柱状改良杭が使える条件
地盤保証は、一般軟弱地盤
地震保険は、液状化地盤
安心は、自分の意識から

●住宅と地盤
基礎の決め方
基礎のいろいろ
建物の重さ
基礎の決め方
地盤補強のいろいろ
特殊な基礎に要注意

●よう壁
よう壁って何?
新設よう壁のポイント
既設よう壁のポイント


 

 

 

 
既設よう壁のチェックポイント

POINT-1  ●水抜き穴はあるか?

よう壁・図・1 鉄筋コンクリートのよう壁でも、石積みよう壁でも、水抜き穴がよう壁にあることが大切です。法規では、よう壁を正面から見た部分の3m2に1カ所毎に水抜き穴を設けるように定められています。
 例外は高さ1m以下のよう壁の場合だけです。
 また、2m程度の低いよう壁は、よう壁背面に透水パイプをいれて、一カ所から排水する方法もあります。


よう壁・図・3よう壁・図・2

POINT-2 ●継ぎ目が空くのは危険な兆候。


 石積みよう壁でも、コンクリートよう壁でも、このように空いているのは、よう壁背面の土が動いた証拠。よう壁にとってはちょっと危険な兆候です。もちろん、よう壁が上下にずれているのも危険な兆候です。 よう壁・図・4 よう壁・図・5

POINT-3 ●危険な2段よう壁 

 この建物は、石積みよう壁の上に、さらにブロックのよう壁を継ぎ足してから建物を建てている危険な宅地です。幸い、阪神大震災の時でも大丈夫だったようですが、それは、傾斜地であったため、もともとの地盤が強かったのが影響しているのかも知れません。
 本来は絶対に許可されない構造のよう壁です。 もちろん、長い長い将来の保証など出来ません。


よう壁・図・6

POINT-3 ●前に傾いたよう壁(鉄筋コンクリートよう壁)

倒壊したよう壁

 このよう壁は、高さ3m以上あったものですが、よう壁が大きく道路側に傾いたために、部分的に撤去されました。
 しかし、解体してみると、3mもの高さのよう壁に対しては、鉄筋が1列にしか入っていません。普通は前と後ろの2列に配筋する(ダブル配筋)場合がほとんどですから、鉄筋の量が少なく、土の圧力と建物の重さに耐えられずに、道路側に傾いたようです。
 このような事例は無許可よう壁に多いですから、既存宅地の場合は、キチンと施工されたよう壁かどうかは重要なポイントです。でも、外観からはなかなかわかりません。
 よう壁が垂直に立っていず、前に傾いていたら要注意です。

よう壁・図・7

POINT-4 ●せり出した宅地

よう壁・図・8 狭い日本で、目一杯の土地を活用しようとこのような形状の宅地が多く見られますが、この場合は、よう壁から張り出している部分は、別途、構造計算によってチェックした上で建物が建てられます。
 でも、古い施工の場合は、耐久性も低くなっていますから、将来、この部分がそのまま使えると考えるのは早計です。


注意ポイント
■ 危ないよう壁がなぜ、倒れないのか?
 それは、上で説明している危険性の高いよう壁でも、現実によう壁が倒れることはほとんどありません。そんな光景はほとんど見たことがないですね。
それはなぜでしょうか。
そこには、構造設計の安全性確保の思想にポイントがあります。
よう壁に使われるコンクリートは、実際の強さの1/3を設計するときの強さとして考えます。 さらに鉄筋は、実際の強さの2/3を設計するときの強さと考えます。

つまり、実際の材料の強さそのものを考えるのではなく、もっと低い強さで考えているために、実際はPOINT-3にあるような、必要な鉄筋量が少なくても、何とか鉄筋とコンクリートの実際の強さの限度まで、よう壁が持ちこちえている、という状態になっています。

普通は、弓を半分しか引かなくても良いような設計をしているのに、工事や材料をケチったりすると材料が持つ、限度一杯の強さ、つまり、弓を目一杯引っ張っている状態で、よう壁ががんばっているだけなのです。

そして、それに耐えきれなくなったとき、徐々に亀裂や沈下、傾倒などの症状が目に見える形で始まります。
つまり、このようなよう壁は、一気には崩壊はしないけれども、安全性が全くないよう壁と言うことになります。

よう壁がつぶれたところは見たことがない。
その過信に基づいて、どんなよう壁でも、家が建っているから大丈夫と考え、 今でも平気で危ないよう壁が造られています。

  よう壁  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内