よう壁住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●地盤
地盤の用語集
軟弱地盤と地盤補強
造成地と地盤
深基礎と地盤

●地盤調査書の見方
地盤調査
地盤調査書の見方

●地盤というもの
宅地の半分は軟弱地盤
軟弱地盤とは?
なぜ軟弱地盤が多いのか?
軟弱地盤の見分け方
以前の土地を知ること
軟弱地盤が問題なのは・・
建物が傾くとどう感じる
土50cmは、
  木造2階建の重さに匹敵

●液状化
液状化の3条件
住宅地盤調査の限界
SS式調査の限界例
地下水位を知れ
傾いた家の復旧費用
液状化・簡易判定法
同じ地域なのに液状化に差
なぜ住宅に被害が多いのか
住宅の液状化対策は?
柱状改良杭は有効か?
柱状改良杭が使える条件
地盤保証は、一般軟弱地盤
地震保険は、液状化地盤
安心は、自分の意識から

●住宅と地盤
基礎の決め方
基礎のいろいろ
建物の重さ
基礎の決め方
地盤補強のいろいろ
特殊な基礎に要注意

●よう壁
よう壁って何?
新設よう壁のポイント
既設よう壁のポイント


 

 

 

 
新設よう壁のチェックポイント

■新設なのに、危ないよう壁

 前項で紹介しているように、宅地造成規制区域以外の地域では、2m以下のよう壁は申請が必要ありません。そのため、適当に作ればいいと思っているのかどうかわかりませんが、住宅用地では新しく造るよう壁でも非常に危険なよう壁を目にすることがあります。

 特に1m程度の高低差の場合は、よう壁を安易に造ってしまう場合があり、将来、よう壁が傾いてきたり、よう壁自身が滑って動き、建物の不同沈下の原因となったりする場合があります。以下のような状態で工事をしていれば、危険性の高いよう壁の可能性があります。

■ブロック積みのよう壁

 基本的にブロックで作られたよう壁は、よう壁としての用をなしません。唯一の例外は国土交通省で認定されたよう壁専用のブロックを使用する場合ですが、この場合でも、鉄筋の量は下の項で説明している程度の鉄筋が入っており、同時に底版の長さも道程度々あること、そして、ブロックの中は全てコンクリートが充填されていることが大前提です。



よう壁・図・1
建物の基礎に杭が用いられている場合は、×の状態でも構いません。
ただし、×の状態で表層改良や地盤改良材を入れて、土を強くしても意味がありません。
行政によっては、30度の角度が45度でもかまわない。という地域もあリます。

■鉄筋コンクリートのよう壁

 これは、工事中でないとわかりませんが、コンクリートよう壁の場合、極端に鉄筋が少ないのも危険なよう壁です。

よう壁・図・2
実際には、土の性質によっても変わってきますが、一つの目安として考えて下さい。
ただし、これ以下の鉄筋の間隔や底版の幅となっている場合は、建築会社に、なぜ、そうしたのかの根拠を尋ねて下さい。

これ以外には、1m程度の高低差がある場合には、最初からL型に加工された既製品の「プレキャストコンクリートよう壁」というものがあります。このような製品を使う場合は、安全です。

■手抜きは、鉄筋量と底版幅でわかる。

  ブロック積みは、よう壁ではない。


  よう壁  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内