住宅と基礎住まいと法律・タイトル

 

インデックスページ・・

●地盤
地盤の用語集
軟弱地盤と地盤補強
造成地と地盤
深基礎と地盤

●地盤調査書の見方
地盤調査
地盤調査書の見方

●地盤というもの
宅地の半分は軟弱地盤
軟弱地盤とは?
なぜ軟弱地盤が多いのか?
軟弱地盤の見分け方
以前の土地を知ること
軟弱地盤が問題なのは・・
建物が傾くとどう感じる
土50cmは、
  木造2階建の重さに匹敵

●液状化
液状化の3条件
住宅地盤調査の限界
SS式調査の限界例
地下水位を知れ
傾いた家の復旧費用
液状化・簡易判定法
同じ地域なのに液状化に差
なぜ住宅に被害が多いのか
住宅の液状化対策は?
柱状改良杭は有効か?
柱状改良杭が使える条件
地盤保証は、一般軟弱地盤
地震保険は、液状化地盤
安心は、自分の意識から

●住宅と地盤
基礎の決め方
基礎のいろいろ
建物の重さ
基礎の決め方
地盤補強のいろいろ
特殊な基礎に要注意

●よう壁
よう壁って何?
新設よう壁のポイント
既設よう壁のポイント


 

 

 

 
特殊な基礎に要注意

■1.ブロックよう壁と建物の距離

 その高低差が低い場合は、ときとして簡単なブロックを土留め代わりに使う場合がありますが、右図のように建物の基礎の底面が、ブロックなどの土留めの下から30度程度の角度で引っ張った線以内にくるとブロックは建物の自重を支えることはできません。
 このような場合は、建物の基礎を30度の線から下になるように深基礎という方法で、基礎を深くしてブロックの影響の無い地盤まで基礎をさげるのが一般的です。

ブロックよう壁   

■2.敷地の高さ調整の代表例

 右図は、建物の直近に敷地の段差がある場合の代表的な土留めの方法ですが、上段の3つは問題ありません。 しかし、下段の図のように建物の土留めが明確でない、あるいは直近にブロックの土留めなどを行うのは、将来建物が不同沈下する原因にもなってしまう危険な工事です。

    敷地の高さ調整例

■3.よう壁の埋戻土は地盤改良を

 新しくよう壁を造り、そのよう壁に接近して建物を建てる場合、必ずよう壁の埋め戻し土は、地盤改良を行った土で埋め戻す必要があります。 それは、単に埋め戻すだけの土では、ほとんど地耐力が期待できないからです。
     よう壁の埋め戻し土


  住宅と基礎  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内