住宅と基礎住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●地盤
地盤の用語集
軟弱地盤と地盤補強
造成地と地盤
深基礎と地盤

●地盤調査書の見方
地盤調査
地盤調査書の見方

●地盤というもの
宅地の半分は軟弱地盤
軟弱地盤とは?
なぜ軟弱地盤が多いのか?
軟弱地盤の見分け方
以前の土地を知ること
軟弱地盤が問題なのは・・
建物が傾くとどう感じる
土50cmは、
  木造2階建の重さに匹敵

●液状化
液状化の3条件
住宅地盤調査の限界
SS式調査の限界例
地下水位を知れ
傾いた家の復旧費用
液状化・簡易判定法
同じ地域なのに液状化に差
なぜ住宅に被害が多いのか
住宅の液状化対策は?
柱状改良杭は有効か?
柱状改良杭が使える条件
地盤保証は、一般軟弱地盤
地震保険は、液状化地盤
安心は、自分の意識から

●住宅と地盤
基礎の決め方
基礎のいろいろ
建物の重さ
基礎の決め方
地盤補強のいろいろ
特殊な基礎に要注意

●よう壁
よう壁って何?
新設よう壁のポイント
既設よう壁のポイント


 

 

 

 
地盤補強のいろいろ

■地盤補強、3つの方法

 布基礎やべた基礎では対応しきれない軟弱地盤では地盤補強を行い、もともとの地盤を強くするか、あるいは強い地盤まで杭を打つなどの地盤補強が必要となってきます。
  地盤補強の方法には、大きく3つの方法があり、軟弱地盤の深さによってその工法を使い分けます。 ただ、狭隘地などでは、2m程度の地盤補強でも柱状改良杭工法が用いられています。

    地盤補強・3つの方法     

■地盤補強工事の種類

表層改良・図【■表層改良工法】  (ひょうそうかいりょう)
  地盤から2m程度までが軟弱な場合に用いられる方法で、建物が載る地盤全体を、その地盤の土にセメント系固化剤を入れて攪拌しながら混ぜ込み地盤自体を強くする方法 下の写真(左)のように建物の載る地盤全体を行うために、狭い土地や住宅が密集している場所ではできません。

 

柱状改良杭・図【柱状改良杭工法】 (ちゅうじょうかいりょうぐい)
  強い地盤の層まで直径60cm前後の穴を掘り、掘り返した土にセメント系の固化剤を添加して土とセメントの混じった杭を造る工法。 深さ8m程度まで可能で、狭い敷地でも行うことができる。 地盤補強ではもっとも多く採用されている工法。下の写真(右)。

 

【鋼管杭】(こうかんぐい)
鋼管製の杭を強い地盤まで打ち込む工法 深さ30m程度まで可能。

■地盤補強の費用

 地盤調査はして軟弱地盤だったら・・・と、住まいを建てるときは心配の種が尽きませんね。敷地の広さや施工のしやすさ、杭であればその深さなど、いろいろな条件で費用は変わってきますが、どのような方法をとっても、木造の建物であれば50〜150万円程度の費用がかかると考えておきましょう。

  住宅と基礎  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内