住宅と基礎住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●地盤
地盤の用語集
軟弱地盤と地盤補強
造成地と地盤
深基礎と地盤

●地盤調査書の見方
地盤調査
地盤調査書の見方

●地盤というもの
宅地の半分は軟弱地盤
軟弱地盤とは?
なぜ軟弱地盤が多いのか?
軟弱地盤の見分け方
以前の土地を知ること
軟弱地盤が問題なのは・・
建物が傾くとどう感じる
土50cmは、
  木造2階建の重さに匹敵

●液状化
液状化の3条件
住宅地盤調査の限界
SS式調査の限界例
地下水位を知れ
傾いた家の復旧費用
液状化・簡易判定法
同じ地域なのに液状化に差
なぜ住宅に被害が多いのか
住宅の液状化対策は?
柱状改良杭は有効か?
柱状改良杭が使える条件
地盤保証は、一般軟弱地盤
地震保険は、液状化地盤
安心は、自分の意識から

●住宅と地盤
基礎の決め方
基礎のいろいろ
建物の重さ
基礎の決め方
地盤補強のいろいろ
特殊な基礎に要注意

●よう壁
よう壁って何?
新設よう壁のポイント
既設よう壁のポイント


 

 

 

 
基礎の決め方

■いよいよ基礎を決めましょう

基礎の決め方・図 基礎の形状のわかり、建物の重さもわかりました。そして、地盤の強さもわかれば、いよいよ、建物と地盤に適した基礎を選ぶことになります。 前項の地盤調査の結果から、自沈層の有無によって、下表のように基礎形状や地盤補強の有無が変わってきます。


基礎の決め方・図・2

    

■布基礎かべた基礎か

【布基礎かべた基礎か】
 最近では、布基礎で問題なくても、床下防湿が同時にできるメリットからべた基礎を選定したり、べた基礎自身が標準仕様となっている場合が多いですが、布基礎の場合は、上表のように、地耐力によって布基礎の底版の幅が規定されています。

【・・・kN/m2って何?】
10kN/m2とは、約1t/m2の事。重力(重さ)の国際単位です。日本では重さを表すのにキログラムやトンといった単位を使っていますが、国際社会ではニュートンという単位を主さの単位としています。建築の世界でも、この新しい国際単位を使うように決められました。

【実際には】
木造の建物では地耐力がわかると、上の表からどのような基礎が適しているのかを選定することが出来ますが、実際には最初のページにあったような建物の重さ(自重)/地盤の強さ(地耐力)といった算定式が隠れています。


  住宅と基礎  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内