住宅と基礎住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●地盤
地盤の用語集
軟弱地盤と地盤補強
造成地と地盤
深基礎と地盤

●地盤調査書の見方
地盤調査
地盤調査書の見方

●地盤というもの
宅地の半分は軟弱地盤
軟弱地盤とは?
なぜ軟弱地盤が多いのか?
軟弱地盤の見分け方
以前の土地を知ること
軟弱地盤が問題なのは・・
建物が傾くとどう感じる
土50cmは、
  木造2階建の重さに匹敵

●液状化
液状化の3条件
住宅地盤調査の限界
SS式調査の限界例
地下水位を知れ
傾いた家の復旧費用
液状化・簡易判定法
同じ地域なのに液状化に差
なぜ住宅に被害が多いのか
住宅の液状化対策は?
柱状改良杭は有効か?
柱状改良杭が使える条件
地盤保証は、一般軟弱地盤
地震保険は、液状化地盤
安心は、自分の意識から

●住宅と地盤
基礎の決め方
基礎のいろいろ
建物の重さ
基礎の決め方
地盤補強のいろいろ
特殊な基礎に要注意

●よう壁
よう壁って何?
新設よう壁のポイント
既設よう壁のポイント


 

 

 
建物の重さ

■建物の重さ

 基礎の形状がわかっても、どの基礎が建物にとって良いのかはわかりませんね。それのためには建物の重さを知ることから始まります。 普段はこんな事を考えたことも無いでしょうが、せっかくの機会なので、あなたの建物の重さを計算してみましょう。 基礎の形状を決めるためには、建物の重さを知らないと決められないからです。 建物は、基礎、軸組、内外の仕上材、屋根など、そして家具などの法律上の積載荷重によって構成されています。 下の表に床面積を掛ければ、あなたの建物の概算の重さをだす事が出来ます。



■建物構造の違い

 下の図は、木造(2X4工法も含む)、重量鉄骨造、そして鉄筋コンクリート造の3つの構造の違う建物の重さの比較ですが、構造も違えば建物の重さも変わり、鉄筋コンクリート造の建物では、木造の5倍以上の重さになっています。当然必要な地耐力も変わってきますね。


    

  住宅と基礎  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内