住宅と基礎住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●地盤
地盤の用語集
軟弱地盤と地盤補強
造成地と地盤
深基礎と地盤

●地盤調査書の見方
地盤調査
地盤調査書の見方

●地盤というもの
宅地の半分は軟弱地盤
軟弱地盤とは?
なぜ軟弱地盤が多いのか?
軟弱地盤の見分け方
以前の土地を知ること
軟弱地盤が問題なのは・・
建物が傾くとどう感じる
土50cmは、
  木造2階建の重さに匹敵

●液状化
液状化の3条件
住宅地盤調査の限界
SS式調査の限界例
地下水位を知れ
傾いた家の復旧費用
液状化・簡易判定法
同じ地域なのに液状化に差
なぜ住宅に被害が多いのか
住宅の液状化対策は?
柱状改良杭は有効か?
柱状改良杭が使える条件
地盤保証は、一般軟弱地盤
地震保険は、液状化地盤
安心は、自分の意識から

●住宅と地盤
基礎の決め方
基礎のいろいろ
建物の重さ
基礎の決め方
地盤補強のいろいろ
特殊な基礎に要注意

●よう壁
よう壁って何?
新設よう壁のポイント
既設よう壁のポイント


 

 

 

 
基礎の決め方

■基礎の目的

 基礎が建物にとって大切である。ということはわかっても具体的な理由はなかなかわかりませんね。 基礎には、建物そのものが持つ重さ(これを自重と言います)に耐えられ、そして、その自重を地盤にしっかりと伝える役割があります。
  同時に、地震など建物に上下左右の大きな力が加わったとき、建物がしっかりと踏ん張れるような構造である必要があります。

■目的-1、建物を支える

 建物を支えると言っても、地盤が弱ければ、いくらしっかりした基礎を造っても建物は沈んでいきます。 そのためには、その土地の地盤の強さ(地耐力)が建物の重さよりも強くなければなりません。それを数式に置き換えると下のようになりますが、そのためには建物が持つ重さ(自重)を知り、その土地の地盤の強さ(地耐力)を知らなければ基礎を計画することはできません。 そして、建物の重さよりも地盤の方が弱ければ、しっかりと支えられる強い地盤まで杭を打つ、といった地盤補強工事も必要になってきます。

 一般的には、木造住宅の場合の重さは2階建て程度であればいくら程度という推測値があり、どのような木造住宅を建ててもあまり大きく変わりませんから、地盤調査を行って地盤の重さを知れば布基礎でいいのか、べた基礎が必要なのか、あるいは地盤補強が必要なのかといったことは容易に推定することができます。
  ということは地盤調査はこの敷地ではどんな構造の基礎が良いのかということを判断するもう一方の大きな指標なのです。


      

■目的-2、揺れに耐えられる基礎

 もう一つの目的である、地震などのときにしっかりと踏ん張れる基礎である必要があります。 そのためには、基礎に鉄筋を入れ、その鉄筋をコンクリートで囲って一体化する鉄筋コンクリート造の基礎を造る必要があります。 そのため、建築基準法では、どのような鉄筋を用い、どのようにコンクリートを打ち、どのように基礎にする必要があるのかといった基礎の構造に関することがらを細かく規定されています。
 下の図は、建築基準法で規定された基礎の鉄筋を最低限どのように入れるかを示した図です。もちろん、これが最低限の基準で、基礎の状態によって鉄筋を太くしたりすることも行われています。


  住宅と基礎  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内