住宅と基礎住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●地盤
地盤の用語集
軟弱地盤と地盤補強
造成地と地盤
深基礎と地盤

●地盤調査書の見方
地盤調査
地盤調査書の見方

●地盤というもの
宅地の半分は軟弱地盤
軟弱地盤とは?
なぜ軟弱地盤が多いのか?
軟弱地盤の見分け方
以前の土地を知ること
軟弱地盤が問題なのは・・
建物が傾くとどう感じる
土50cmは、
  木造2階建の重さに匹敵

●液状化
液状化の3条件
住宅地盤調査の限界
SS式調査の限界例
地下水位を知れ
傾いた家の復旧費用
液状化・簡易判定法
同じ地域なのに液状化に差
なぜ住宅に被害が多いのか
住宅の液状化対策は?
柱状改良杭は有効か?
柱状改良杭が使える条件
地盤保証は、一般軟弱地盤
地震保険は、液状化地盤
安心は、自分の意識から

●住宅と地盤
基礎の決め方
基礎のいろいろ
建物の重さ
基礎の決め方
地盤補強のいろいろ
特殊な基礎に要注意

●よう壁
よう壁って何?
新設よう壁のポイント
既設よう壁のポイント


 

 

 

 

地盤の話をしていますが、あっと驚く話をしておきましょう。

それは、土の重さは大変重たい。

家ってなんて軽いんだろう。というお話です。

比重というのはご存じですね。ある物体の1m3あたりの重さで、水を1として考えます。
つまり、水1m3の重さは1トン。
コンクリートは約2.3トン/m3。(鉄筋コンクリートは2.4トン/m3)
対して木材は、水に浮きますから、比重1以下。
土の重さは、約1.8トン/m2です。
と、これだけを並べれば、少なくとも建築関係の人なら、な〜んだ、そんなこと知ってるワイ。で終わってしまう話なのですが・・・。

建物が地面に接する重さを計算してみます。
2階建ての木造住宅で、想定として1階75m2、2階55m2程度で考えます。屋根はカラーベストで外壁はサイディング。どこにでもある、もっともポピュラーな建物です。
この時の建物の地面にかかる重さは、「建物そのものの重さである固定荷重」と「「家具や人間と言った積載荷重」の2つです。それぞれ算定方法は法律で決められています。

それを計算すると、基礎より上の重さは約700kg/m2という目安が日本建築学会というところから示されており、それを使います。1階の床と基礎はこの数値に含まれていないので計算すると約280kg/m2。この2つを合計すると、地面にかかる重さは、約980kg/m2程度になります。

これを土の重さ1800kg/m2から、土としての厚みに逆算すると約54cm。 さらに家具や人間が乗っていない建物だけの重さで考えると、土の厚みは約42cm程度。

つまり、
木造2階建ての建物が地面にかかる重さは、上の木造部分も、基礎の重さも、そして、家具や人間もぜ〜んぶ入れても、実は盛り土50cm程度の重さとほとんど同じなのです。

だから、
土って、大変重たいし、家ってなんて軽いんだろう。

家って見かけは土よりもはるかにはるかに大きいのに、実はそうではないんですね。
常識の非常識です。先入観のなせる技でしょうか。
だから、この土地に2m盛り土をしま〜すって、簡単に言いますが、実は家4軒分載っている重さに匹敵する・・っていうことなのです!?!?

         


 地盤というもの   
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内