住宅と基礎住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●地盤
地盤の用語集
軟弱地盤と地盤補強
造成地と地盤
深基礎と地盤

●地盤調査書の見方
地盤調査
地盤調査書の見方

●地盤というもの
宅地の半分は軟弱地盤
軟弱地盤とは?
なぜ軟弱地盤が多いのか?
軟弱地盤の見分け方
以前の土地を知ること
軟弱地盤が問題なのは・・
建物が傾くとどう感じる
土50cmは、
  木造2階建の重さに匹敵

●液状化
液状化の3条件
住宅地盤調査の限界
SS式調査の限界例
地下水位を知れ
傾いた家の復旧費用
液状化・簡易判定法
同じ地域なのに液状化に差
なぜ住宅に被害が多いのか
住宅の液状化対策は?
柱状改良杭は有効か?
柱状改良杭が使える条件
地盤保証は、一般軟弱地盤
地震保険は、液状化地盤
安心は、自分の意識から

●住宅と地盤
基礎の決め方
基礎のいろいろ
建物の重さ
基礎の決め方
地盤補強のいろいろ
特殊な基礎に要注意

●よう壁
よう壁って何?
新設よう壁のポイント
既設よう壁のポイント


 

 

 

 
建物が傾くとどう感じる

建物が不同沈下を起こすとどう感じるのでしょうか。こればかりは経験しないとなかなか分からないことですが、下にその目安を書いています。
といっても建築学会などの資料からの引用ですが、なかなかあっていますょ。
床の傾斜と、そのときの感じ方、そして、一番右欄に住宅紛争があったときの瑕疵判断を示した法律の見解を書いています。
1m=1,000mmですから、3/1000の勾配とは、1mのテーブルが3mm傾いているという状態です。

■まず感じない 3/1000
3/1000程度では人間は何も感じません。

■敏感な人で気づくが、建具の調子がおかしいと誤解する 4/1000〜5/1000
4/1000で不具合に気づく・・と書いていますが、よほど敏感な人でないと気づきません。
5/1000で不同沈下を意識する・・と書かれていますが、この時点では不同沈下という疑問は、実はほとんどの人が持ちません。
「なにかドアの開閉がかたくなったなぁ。」という感覚で建具の動作不良を疑い、建物としての不同沈下を疑うまでにはいたりません。
そして、水準器でキチンと計測すれば、傾いていたことが分かる・・という程度です。

これは、傾斜がじわじわと進行するために、体が慣れるんでしょうね。また、異変としての不具合がドアや窓の開閉ぐらいにしか現れないために、生活そのものに大きな支障は見あたりません。だから、建物の異変に気づかず、建具の調子が悪くなった、と最初は考えます。
そのため、建具をなおしてみてもうまく直らないので、床の傾斜を計測してみたら床が傾いていた、ということをそのとき初めて知る場合が多いです。

■多くの人が異変を感じる  6/1000
6/1000になると、ほとんどの人が、「ドアの調子がおかしいのではなく、建物がなにかおかしいのでは・・」と感じはじめます。

■すべての人が気づく 8/1000以上
8/1000になると、ドアが勝手に動くので、もはや誰でも異変に気づきます。
17/1000になると、生理的限界と書かれています。
このレベルの家に伺ったことがありますが、とても生活できません。その床に立っていると1分もしないうちに平衡感覚がおかしくなり、階段も壁に手をついていないと移動できなくなります。

   床の傾斜と機能上の障害、瑕疵判断基準


 地盤というもの   
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内