地盤住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●地盤
地盤の用語集
軟弱地盤と地盤補強
造成地と地盤
深基礎と地盤

●地盤調査書の見方
地盤調査
地盤調査書の見方

●地盤というもの
宅地の半分は軟弱地盤
軟弱地盤とは?
なぜ軟弱地盤が多いのか?
軟弱地盤の見分け方
以前の土地を知ること
軟弱地盤が問題なのは・・
建物が傾くとどう感じる
土50cmは、
  木造2階建の重さに匹敵

●液状化
液状化の3条件
住宅地盤調査の限界
SS式調査の限界例
地下水位を知れ
傾いた家の復旧費用
液状化・簡易判定法
同じ地域なのに液状化に差
なぜ住宅に被害が多いのか
住宅の液状化対策は?
柱状改良杭は有効か?
柱状改良杭が使える条件
地盤保証は、一般軟弱地盤
地震保険は、液状化地盤
安心は、自分の意識から

●住宅と地盤
基礎の決め方
基礎のいろいろ
建物の重さ
基礎の決め方
地盤補強のいろいろ
特殊な基礎に要注意

●よう壁
よう壁って何?
新設よう壁のポイント
既設よう壁のポイント

 
深基礎と地盤

 敷地によっては、道路よりも少し敷地が高かったり、部分的に地盤を削って、駐車場などの部分と建物の部分に高低差をつける場合があります。このような場合でも、やってはいけない施工方法があります。

 べた基礎や布基礎の場合は、上の図のように、基礎を下の地盤まで延長します。
しかし、土を盛ったり、壁を建物の前に作る場合は、上の図の○と×で書かれているように設計図面のチェックが必要です。
 土を盛る場合は、基礎の底面から30度の角度で伸ばした線より上の部分まで土を盛る必要があり、急な角度で土を盛ることは将来、建物の不同沈下を起こす原因となります。
 また、建物の少し前に壁を設ける場合も、キチンと建物の重さも計算した鉄筋コンクリートのよう壁を設ける必要があり、高低差が1M程度だから大丈夫と、安易にブロックで土留めをすることも将来建物の不同沈下の原因となります。
 特にこの二つは、建築会社がいい加減に施工しやすい部分ですから、このように深基礎がある場合は、必ず上図の4つの形態にいずれかであることが大切です。

  地盤  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内