住宅と基礎住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●地盤
地盤の用語集
軟弱地盤と地盤補強
造成地と地盤
深基礎と地盤

●地盤調査書の見方
地盤調査
地盤調査書の見方

●地盤というもの
宅地の半分は軟弱地盤
軟弱地盤とは?
なぜ軟弱地盤が多いのか?
軟弱地盤の見分け方
以前の土地を知ること
軟弱地盤が問題なのは・・
建物が傾くとどう感じる
土50cmは、
  木造2階建の重さに匹敵

●液状化
液状化の3条件
住宅地盤調査の限界
SS式調査の限界例
地下水位を知れ
傾いた家の復旧費用
液状化・簡易判定法
同じ地域なのに液状化に差
なぜ住宅に被害が多いのか
住宅の液状化対策は?
柱状改良杭は有効か?
柱状改良杭が使える条件
地盤保証は、一般軟弱地盤
地震保険は、液状化地盤
安心は、自分の意識から

●住宅と地盤
基礎の決め方
基礎のいろいろ
建物の重さ
基礎の決め方
地盤補強のいろいろ
特殊な基礎に要注意

●よう壁
よう壁って何?
新設よう壁のポイント
既設よう壁のポイント


 

 

 
柱状改良杭が使える条件

ネットを見ていると、いろんな情報を得ることが出来ます。
住宅での液状化対策を研究した方がいました。設計室ソイル、地層科学研究所、ミサワホーム総合研究所の5人の人たちで、日本建築学会の講演としても使われたようです。
それによると液状化が予想される地域で、柱状改良杭を使用できる条件は下の通りと示しています。

  一例として、下に堅固な地盤がある6mの軟弱地盤があるとき、上下に非液状化層で挟まれた液状化層が3mの地層だと仮定すると、この条件では、柱状改良杭を用いても液状化には有効ではないとなってしまいます。      

■ロッキング現象

柱状改良杭が使える条件まず、

1.液状化する層が5m以下であることを調べなければならない。
でも悲しいかな、SS式調査(スウェーデン式地盤調査)では、地層を知ることは出来ませんから、過去の周辺のボーリング調査などをかき集めてもらい、地層とその厚みを調べるすることで、何とか推定することが出来ます。

次に、

2.杭が堅地盤に達すること。
と言うことで、ダラダラと軟弱な地盤が続くようでは使えません。

さらに、

3.杭の長さが液状化する層の1.5倍以上あることも要件です。
右の図の地層は、液状化すると考えられる層としないと考えられる層が同じですから、柱状改良杭を使っても液状化対策にはならないと言えます。 最後は、 4.杭の支持力計算の時に、液状化する層は計算に入れられません。

む なかなか難しいですね。

というよりも、そもそも住宅でよく使われているSS式地盤調査では、地層を知ることが出来ません。

地層を知り、その厚みを知り、かつ、地下水位を正確に知らなければ、この条件式は一切役に立ちません。上の5人の方が対策を整理してくれるのは良いのですが、これでは、最初からつまずきです。

■参考資料:小規模建築物を対象とした液状化対策の設計法に関する研究(その1)
気になる方は参考にしてみてください。


    液状化    
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内