住宅と基礎住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●地盤
地盤の用語集
軟弱地盤と地盤補強
造成地と地盤
深基礎と地盤

●地盤調査書の見方
地盤調査
地盤調査書の見方

●地盤というもの
宅地の半分は軟弱地盤
軟弱地盤とは?
なぜ軟弱地盤が多いのか?
軟弱地盤の見分け方
以前の土地を知ること
軟弱地盤が問題なのは・・
建物が傾くとどう感じる
土50cmは、
  木造2階建の重さに匹敵

●液状化
液状化の3条件
住宅地盤調査の限界
SS式調査の限界例
地下水位を知れ
傾いた家の復旧費用
液状化・簡易判定法
同じ地域なのに液状化に差
なぜ住宅に被害が多いのか
住宅の液状化対策は?
柱状改良杭は有効か?
柱状改良杭が使える条件
地盤保証は、一般軟弱地盤
地震保険は、液状化地盤
安心は、自分の意識から

●住宅と地盤
基礎の決め方
基礎のいろいろ
建物の重さ
基礎の決め方
地盤補強のいろいろ
特殊な基礎に要注意

●よう壁
よう壁って何?
新設よう壁のポイント
既設よう壁のポイント


 

 

 

 
傾いた家の復旧費用

液状化による不同沈下。
あるいは造成地でも不同沈下。
いずれも家が傾きます。

3/1000程度では人体にも感じませんが、6/1000以上の傾きになると異変を感じ始めます。

では、どうやって直すのでしょうか。

■傾いた家を直す工法

耐圧版工法、アンダーピニング工法等等名称はいろいろですが、代表的な工法は『ジャッキアップで傾きを直す』という方法です。
強固な支持地盤が浅いところにあれば、「耐圧版工法」と言ってみたり、深ければ「アンダーピニング工法」と言ったりしますが、いずれにしても『ジャッキアップで傾きを直す』のです。

そして、支持地盤の深さにより、費用は前後しますが、ざっと500万円程度の費用はかかります。 代表的な「アンダーピニング工法」は、モグラのように床下の地面を掘り、そこに長さわずか1m程度の鋼管杭を、継ぎ足しながら固い地盤まで油圧ジャッキで打ち込んでいきます。

作業用の土を掘り出すのも、全て人力。まさに原始的坑道作業そのものですし、人がしゃがんで進める程度の高さしか掘らないため、杭の長さも短く、継いで継いで杭を足していきます。

そのために、数百万円という費用がかかりますし、極めて特殊な工事なので、誰でも出来る工事ではないため相見積もりを取る、競争入札をするといったことも出来ません。

費用は500万円、あるいは数百万円と書きましたが、単に建物の傾きを直す以外に、外壁や建具のゆがみなどの補修も発生するため、いずれにしても高額な補修費用になりがちです。

■アンダーピニング工法の実際

下の写真は、「アンダーピニング工法」の実際の写真です。
写真なので広く感じると思いますが、実際にはしゃがんで前に進む程度の高さしか掘られていません。もちろん、投光器がなければ闇の世界です。
掘り出した土を運ぶのも全て人力です。
確認をしたわけではありませんが、実際の作業は外国人労働者風に見える人たちがしていました。
ただ黙々と土を削りだし、黙々と穴を掘り、黙々と掘った土を外に出し、そのために何度も何度も坑道を行き来し、ひたすら杭を継ぎ足す。まさに「黙々と」という言葉しか表せない仕事ですね。

たぶん、誰からも評価されない、決して日の当たらない仕事。
なによりも、−土だけが相手の−誰からも見られていない、誰も見ていない仕事です。
そんな仕事に就きたいと思いますか? ガードマンのなり手はいても、なかなかこの仕事のなり手はいないでしょうね。
そう感じられる過酷な作業です。
とても長く続けられる仕事では無いと感じました。
実は私も、実際の現場を見るまでは、「傾いた家の復旧工事費はなんて高いんだろう」と思っていました。
しかし、実際の現場を見ると仕方ありませんね。誰もしたがらない仕事を誰かがしているのですから・・と感じてしまいました。

街の中の孤独なミニ坑道です。

    


    液状化    
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内