住宅と基礎住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●地盤
地盤の用語集
軟弱地盤と地盤補強
造成地と地盤
深基礎と地盤

●地盤調査書の見方
地盤調査
地盤調査書の見方

●地盤というもの
宅地の半分は軟弱地盤
軟弱地盤とは?
なぜ軟弱地盤が多いのか?
軟弱地盤の見分け方
以前の土地を知ること
軟弱地盤が問題なのは・・
建物が傾くとどう感じる
土50cmは、
  木造2階建の重さに匹敵

●液状化
液状化の3条件
住宅地盤調査の限界
SS式調査の限界例
地下水位を知れ
傾いた家の復旧費用
液状化・簡易判定法
同じ地域なのに液状化に差
なぜ住宅に被害が多いのか
住宅の液状化対策は?
柱状改良杭は有効か?
柱状改良杭が使える条件
地盤保証は、一般軟弱地盤
地震保険は、液状化地盤
安心は、自分の意識から

●住宅と地盤
基礎の決め方
基礎のいろいろ
建物の重さ
基礎の決め方
地盤補強のいろいろ
特殊な基礎に要注意

●よう壁
よう壁って何?
新設よう壁のポイント
既設よう壁のポイント


 
 
液状化の3条件

大きく話題になった液状化現象。

そのためか、沿岸部や埋立地を嫌い、台地や丘陵地帯の土地に人気が出ているようですが、そもそも、どうして液状化が起こるのでしょうか。

それは、下の3つの条件が重なったときにのみ発生する、いわば『時限爆弾ならぬ仕掛け爆弾』のようなものなのです。

その条件とは、

■砂質地盤であること
液状化は「砂地盤」に対してのみ発生します。特に均質な砂地盤にリスクが高く、いわゆる埋立地が該当します。それは、埋立地の土砂のほとんどは粘土質をたっぷり含んだ土ではなく、砂を使う場合がほとんどだからです。
注:埋立地の土砂の多くは、山を削って取り出されますが、大きな大きな岩ばかりだと埋め立てても隙間が多くて、後で土砂の陥没原因にもなりやすく、均一に埋め立てられる砂質系の土砂が多く使われます。
■水を含んでいること
地面の下には必ず水がたまっています。
ただ、この水は地下水と言われるほどたっぷり貯まった水という意味では無く、非常に湿り気の多い状態と考えた方が良いでしょう。しっとりした感じという表現がぴったりかもしれません。そして、この水分が地表面に近いほど、液状化は起こりやすくなります。
また、この常水面の位置は、その地域によって千差万別です。
注:このような水分が常時介在している高さを地面の中のことですが、「常水面」と呼んでいます。
■大きな地震があること
最大震度で、震度5程度の地震で液状化が起こったという話はあまり聞きませんが、最大震度が7や6程度になる、言い換えれば建物被害があちこちで発生するレベルの地震が起こったときに液状化は起こります。
注:言い換えれば、大きな地震が無ければ液状化は起こらない。
しかし、最大震度が6以上の場合は、浦安市のように、その地域の震度が6以下であっても、液状化は起こる。といったことから、震度については学術的統計はありませんが、最大震度が震度5程度の地震で液状化が話題になることはありませんので、このように考えて差し支えないのではないかと思います。

    液状化の3条件

 

■3つの条件が揃わない限り発生しない
液状化の大事なポイントは、この3つが揃わない限り起こらないということなのです。
これが、他の地盤関係のトラブルと決定的にちがうところです。


  液状化  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内