地盤調査の見方住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●地盤
地盤の用語集
軟弱地盤と地盤補強
造成地と地盤
深基礎と地盤

●地盤調査書の見方
地盤調査
地盤調査書の見方

●地盤というもの
宅地の半分は軟弱地盤
軟弱地盤とは?
なぜ軟弱地盤が多いのか?
軟弱地盤の見分け方
以前の土地を知ること
軟弱地盤が問題なのは・・
建物が傾くとどう感じる
土50cmは、
  木造2階建の重さに匹敵

●液状化
液状化の3条件
住宅地盤調査の限界
SS式調査の限界例
地下水位を知れ
傾いた家の復旧費用
液状化・簡易判定法
同じ地域なのに液状化に差
なぜ住宅に被害が多いのか
住宅の液状化対策は?
柱状改良杭は有効か?
柱状改良杭が使える条件
地盤保証は、一般軟弱地盤
地震保険は、液状化地盤
安心は、自分の意識から

●住宅と地盤
基礎の決め方
基礎のいろいろ
建物の重さ
基礎の決め方
地盤補強のいろいろ
特殊な基礎に要注意

●よう壁
よう壁って何?
新設よう壁のポイント
既設よう壁のポイント



 

 

 
地盤調査の見方

■自沈層を見る

 スウェーデン式地盤調査では、25kg、50kg、75kg、100kgの4種類のおもりを25cm掘り下げるのに、ハンドルを何回転させたかによって地盤の強さを計算します。
  そして、半回転を単位1とし、25cm掘り下げるために半回転数が1以上あれば地耐力は3.0t/m2以上あり、100kgでは、沈んでしまい、75kgのおもりでとどまっている場合は地耐力2.3t/m2程度、75kgでも沈み込み、50kgのおもりでとどまっている場合は2.0t/m2以下の地盤となります。
  そのため、地盤調査書の中で、半回転数が0の自沈層がどの程度あるのか、あるいは75kgや50kgで沈んでしまう自沈層があるのかという自沈層の有無で、地盤補強の必要性を判断することになります。
  つまり、地盤補強の有無(軟弱地盤)は地盤調査書の自沈層(半回転数が0の部分)を見ればわかるのです。

■地盤補強の目安

 地盤調査書を判断するためには、ある程度の経験が必要ですが、おおむね下記のような目安で地盤補強が必要かどうかを判断します。
注:この表は(財)住宅保証機構の判定指針から引用しています。


■地盤補強の判定基準例

   地盤の判定例
■自沈層とは
ぐりぐりとハンドルを回転させなくても、50kg、75kg、100kgといったおもりの重さだけで下に沈んでいく部分の地層
■軟弱地盤とは
軟弱地盤に対する明確な数字上の定義はありませんが、一般的には、100kg以下の自沈層がある地盤のことを総称して軟弱地盤という場合が多いです

■地盤調査書表の見方

 上記の説明のように、地盤調査書を見る場合は、N値などの値を見るのではなく、『どのような自沈層があるか』に注目しましょう。
 下の表はある地盤調査書の一例です。ここでのポイントは上の地盤補強の判定基準の例に照らし合わせて、自沈層がどのようにに存在しているのかを見てみましょう。

  

 この表では、赤字部分で書かれているように、75kgの自沈層(半回転しないところ)が2カ所あります。しかし、地面から2m以内の部分に0.5kNの自沈層がないため、地盤補強は必要でなく、上−2の表からべた基礎の選定でいい。というふうに判断されます。
  ただし、この1点だけでなく、建物5点の地盤の傾向を見ながら判断するため、地盤補強を行う必要があると判断される場合もあります。
  地盤補強の有無は、敷地全体の地盤の傾向を見ながら判断する必要があることを承知しておきましょう。 そして、その目安は自沈層の有無です。

 逆に言えば、自沈層が無ければ、地盤補強は必要なく、布基礎、べた基礎のどちらを採用しても差し支えありません。
 また、ハウスメーカーなどでは独自の地盤補強の判断基準を設けている会社もあります。あるいは、地盤調査の見方を全く知らず、地盤調査書の末尾に書かれている地盤調査会社の見解を鵜呑みにしてしまう建築会社も存在しています。
 地盤は人間の顔と同様に、全く同一の地盤はどこにも存在していない、といって良いぐらい実に千差万別です。

  地盤調査書の見方  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内