住まいと法律・建物の法律住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●建築基準法など
○建物の法律
       
用途地域
道 路
建ぺい率
容積率
道路斜線
北側斜線
日影規制と3階建て住宅

○道路の法律  
私道とは 
私道の権利と義務
ミニ開発の出来る訳


○工事中の損害
 
工事中の損害  
工事中の火災・風水害  
工事中の第三者事故
まとめ

○お隣さんとの関係
 
隣地使用権 209条  
排水の権利義務 214条 
界標設置権 223条  
外壁後退義務 234条 
目隠し請求権 235条

●消費者契約法

基本理念  
契約の取り消し権  
違法な契約条項の無効

●住まいと法律ミニ知識
改正・建築確認制度の概要 
完了検査は受けるべきか?  
無許可でも出来る工事  
あなたも設計者  
建築確認は構造審査を
         していない  
確認申請後の変更は可能か

 
道路斜線


道路からは必ず、道路斜線という制限がつきまといます

図のような制限が建物にかかります。道路斜線は、自分の敷地の反対側の道路の境界から、住居系用途地域では、1.25の角度で、商業系用途地域では、1.5の角度を越えて建物を建てる事は出来ません。この範囲には、建物や庇を作ることは出来ません。


道路斜線のボーナス制度。

道路斜線にも緩和規定(ボーナス制度)が設けられており、道路から建物を後退して建てると、の距離分、道路斜線は後退します。
たとえば、道路幅員が4mで、道路から建物を50cm後退して建てた場合は、道路の反対側にも50cmあるものと仮定して、(4.0+0.5+0.5)=5.0mが道路斜線の幅となります。ただし、後退距離のカウントは、建物の外壁ではなく、建物の屋根や庇など最短の突出部からの計算です。

.


坂道での道路斜線は、要注意

道路斜線は、その道路の地盤からの規制です。 ※図のような場合は、要注意。
道路斜線

 


角地=建ぺい率のボーナスはあるが、道路斜線は二方から影響を受けます。

図のように角地の場合は、建ぺい率を計算するときに余分に10%のボーナスをもらえる場合がありますが、同時にそれぞれの道路からの制限をうけます。
道路斜線


  建物の法律  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内