住まいと法律・建物の法律住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●建築基準法など
○建物の法律
       
用途地域
道 路
建ぺい率
容積率
道路斜線
北側斜線
日影規制と3階建て住宅

○道路の法律  
私道とは 
私道の権利と義務
ミニ開発の出来る訳


○工事中の損害
 
工事中の損害  
工事中の火災・風水害  
工事中の第三者事故
まとめ

○お隣さんとの関係
 
隣地使用権 209条  
排水の権利義務 214条 
界標設置権 223条  
外壁後退義務 234条 
目隠し請求権 235条

●消費者契約法

基本理念  
契約の取り消し権  
違法な契約条項の無効

●住まいと法律ミニ知識
改正・建築確認制度の概要 
完了検査は受けるべきか?  
無許可でも出来る工事  
あなたも設計者  
建築確認は構造審査を
         していない  
確認申請後の変更は可能か



 
 
容積率

容積率とは。。。。

容積率●建物の1階・2階の床面積の合計を敷地面積で割ったものが、容積率。
●建ぺい率との違いは、外部階段は床面積には入りません。
●>バルコニーは、2m以上突き出した場合のみ2m以降の分が床面積に入ります。

 

ボーナス−1:車庫は床面積に入らない。

●>自動車の車庫は、>全床面積の1/5までの車庫なら、床面積から除外できます。
注)建築面積には入りますので、建ぺい率オーバーにならないように。
●例題Aの場合
(85+15)×1/5=20m2>15m2
故に駐車場は床面積に加算されない。
●例題Bの場合
(75+25)×1/5=20m2<25m2
オーバー分の5m2が加算される。>
容積率



ボーナス−2:地下室は床面積に入らない

●地下室も全床面積の1/3までなら、床面積から除外できます。
注)建築面積にも入りません。
●地下室とは、地上1.0mの高さより低い部屋を指します。
容積率

チョット要注意!!

前面道路の幅が
4m以下の場合は要注意。

たとえば、住居系で200%の容積率の地域でも、その敷地の前面道路の幅が4mしかない場合、4X0.4=160%の容積率となります。
 前面道路が4mか、それ以下の場合は要注意です。

容積率

 


特典だらけの住宅。
下の図は、地下室が容積率の対象となる床面積にはいらない特典を生かし、同じく容積率のための床面積に入らない車庫を活用した特典だらけの住宅例ですが、地下室も全床面積の1/3までなら容積率、建ぺい率とも床面積から除外出来ますから、最大に生かした敷地活用が可能です。
容積率


  建物の法律  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内