住まいと法律・民法住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●民法

ご注意とお断り・・・
○トラブル対策の武器
建築主の最大の武器
その前に債権・債務
債務不履行
違法工事と不法行為
建築確認と委任行為
まとめてみると

○契約解除について
契約解除は出来るのか
契約解除できるとき

●欠陥住宅裁判の心得
 裁判は、一審制と心得よ!
裁判の勝ち負けは
 人との巡り合わせ次第かも

裁判の長さ=往生際の悪さ
裁判の掟
裁判、行政処分、刑事罰
裁判官という職業
調停か、裁判か?
正義が勝つとは限らない
  その理由とは
欠陥住宅裁判に勝つ方法  
裁判に勝つための
      弁護士の選び方
○弁護士のこと
 選びたい弁護士
勝つ弁護士、負ける弁護士
ありがたくない仕事

○裁判に正義は無い!
 勝って7割、示談的判決
 逆転勝訴。そんな格好の
  よいもん。無い!無い!

 判決スルーの術

●欠陥住宅・裁判事例
・なんちゅう仕事や。これは
  1.呆れた仕事
  2.呆れた反論
  3.収支決算
・欠陥工事のデパート
  1.目が点になる工事
  2.底版の無い基礎
  3.結末は・・・
・建築家トラブル
  1.金払え!

●判例ミニ知識
 以下の者、懲役1年に処す

 欠陥住宅と慰謝料   
欠陥マンションに最高裁
       画期的判決
そんなアホな!最高裁判例  
名義貸し建築士に断罪 

 

ご注意-1
ご自身がある問題に遭遇すると、法律の条文を読むときに、どちらかというと自分有利に解釈する傾向があります。どんな法律文を読む場合も同じですが、予断を排して冷静且つ客観的に読んで下さい。
ご注意-2
民法は私人の権利・義務(私権)を書いていますが、民法第1条には次のように書かれています。

民法
第1条
>私権は公共の福祉に適合しなければならない。
2)権利の行使及び義務の履行は、信義に従い誠実に行わなければならない。
3)権利の濫用は、これを許さない。

ともすれば、現代人はホンの些細なことに権利義務を主張しがちです。
これの意味するところは、自分に権利があるからといって、また、条文に損害賠償の記載があるからといって、社会条理、あるいは信義則に照らして判断されるべきものだということです。そして、民法に絡むトラブルの判決は個々のケースによって全て判決が異なりますから、一つの判例だけを根拠にご自身の権利義務の判断をしないようにして下さい。

.

■お断り
隣地との関係

民法では、お隣同士の関係を相隣関係と言うようですが、民法の規定は、単に条文に書かれていることの白黒をつけるのではなく、社会性、公共性、あるいは社会条理、社会通念と言われる社会の根底にある規範や、互譲の精神というお互いが譲り合う精神をその判断基準としています。

そのため、実際の判例では、この規範や基準が大きなウェイトを占め、条文に対する可否よりもその問題に至った過程や状況も重要な判断(判決)の指針になるようです。

現代人はせっかちで、白黒をすぐにつけたがる傾向があります。

でも、お隣同士の関係は、置かれた個々の状況によって答えは全て違うため、なかな一刀両断で答えがでるものではありません。
また、実際に被害を感じている多くの人は、条文を過大評価し、あるいは被害を過大評価し、加害者側は過小評価する傾向にあります。

今回、民法というあえて解釈の難しいテーマを書いていますが、相隣関係の多くの問題は、お互いが譲り合う「互譲の精神」を逸脱したところから始まっています。
例えは物騒ですが、人を殺しても、その状況に応じて判決が異なるように、相隣関係もその状況に応じて、下される判断は様々であることを理解した上でこのページをご覧下さい。



.


トラブル対策の武器(民法)  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内