住まいと法律・民法住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●建築基準法など
○建物の法律
       
用途地域
道 路
建ぺい率
容積率
道路斜線
北側斜線
日影規制と3階建て住宅

○道路の法律  
私道とは 
私道の権利と義務
ミニ開発の出来る訳


○工事中の損害
 
工事中の損害  
工事中の火災・風水害  
工事中の第三者事故
まとめ

○お隣さんとの関係
 
隣地使用権 209条  
排水の権利義務 214条 
界標設置権 223条  
外壁後退義務 234条 
目隠し請求権 235条

●消費者契約法

基本理念  
契約の取り消し権  
違法な契約条項の無効

●住まいと法律ミニ知識
改正・建築確認制度の概要 
完了検査は受けるべきか?  
無許可でも出来る工事  
あなたも設計者  
建築確認は構造審査を
         していない  
確認申請後の変更は可能か


 
 
目隠し請求権

隣から、窓に目隠しを要求されたが。。。。。

目隠し請求権

そうなんです。民法では、境界から1m以内にある窓で、他人地(宅地)が見られる窓には、目隠しを設けるように要求する権利が隣家にはあります。

第235条
境界線より1メートル未満の距離において他人の宅地を見通すことのできる窓又は縁側(ベランダを含む。次項に置いて同じ)を設ける者は、目隠しをつけなければならない。

2)前項の距離は、窓又は縁側の最も隣地に近い点から垂直線によって境界線に至るまでを測定して算出する。

第236条
前二条の規定に異なる慣習あるときは、その慣習に従う。

注記
これも、外壁後退義務(民法第234条)と同じですね。
現実問題、いくら接近していても目隠しを設けていない窓(建物)は、いくらでも目にすることが出来ます。でも、あまり極端に隣家を見られる窓には、目隠しを要求されても仕方ないと言えます。
この当たりも隣家とのプライバシーの問題ですから、「お互い様」の精神が必要な部分です。また、設計段階では、ついつい、自分の中の間取りを中心に窓を考えがちですが、お互いのプライバシーが確保できるか、通風は大丈夫かなどの視点でのチェックが必要な部分ですね。

■どちらが目隠しをつけるのか
この目隠しは、建てるのが遅い方がつける必要があります。(東京地裁判例)

 


  相隣関係(民法)  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内