欠陥住宅裁判の心得住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●民法

ご注意とお断り・・・
○トラブル対策の武器
建築主の最大の武器
その前に債権・債務
債務不履行
違法工事と不法行為
建築確認と委任行為
まとめてみると

○契約解除について
契約解除は出来るのか
契約解除できるとき

●欠陥住宅裁判の心得
 裁判の長さ=往生際の悪さ
 裁判の掟
 裁判、行政処分、刑事罰
 裁判官という職業
調停か、裁判か?
正義が勝つとは限らない
  その理由とは
欠陥住宅裁判に勝つ方法  
裁判に勝つための
      弁護士の選び方
○弁護士のこと
 選びたい弁護士
勝つ弁護士、負ける弁護士
ありがたくない仕事

○裁判に正義は無い!
 勝って7割、示談的判決
 逆転勝訴。そんな格好の
  よいもん。無い!無い!


●欠陥住宅・裁判事例
・なんちゅう仕事や。これは
  1.呆れた仕事
  2.呆れた反論
  3.収支決算
・欠陥工事のデパート
  1.目が点になる工事
  2.底版の無い基礎
  3.結末は・・・
・建築家トラブル
  1.金払え!

●判例ミニ知識
 以下の者、懲役1年に処す

 欠陥住宅と慰謝料   
欠陥マンションに最高裁
       画期的判決
そんなアホな!最高裁判例  
名義貸し建築士に断罪 

●ブログ記事
(別ウインドが開きます)

・欠陥住宅問題
トラブル事例



 

 

 

 
選ぶべき弁護士とは

 前ページで、私が関わった特異な弁護士を紹介してきましたが、弁護士と言っても結局その人の性格、気質で勝ち負けは大きく変わります。

 そのポイント自体はそう難しくはありませんが、実際にどういう気質の弁護士なのかを1.2回の面談で見極めるのはなかなか大変です。


■ 問題とキチンと向き合ってくれるかどうか・・(商売ではない問題意識)
 いろんな弁護士さんと会うにつけ感じることは、裁判の勝ち負けはその弁護士さんの性格、気質によるものが多いのですが、それも『どれだけ問題意識を持ってくれるかどうか』にかかっています。
 いかにその問題に向き合ってくれるのか、おざなりで通り一遍の弁護活動でお茶を濁すのか・・。
 こればかりは、一つの仕事を通して見るしかありませんね。


■ 建築士とキチンとタッグが組めるか・・(謙虚さ)
 だから、正直な話をすると・・良い弁護士の見分け方などありません・・というよりも、たった1.2回の面談でその人の性格や気質を知ることは不可能です。いろんな弁護士さんに会えば合うほどそう感じます。一つの仕事を通じて、やっとその人の気質や性格がわかります。

 特に建築紛争は、建築用語や建築技術の争いが大半なので、専門用語が飛び交います。そのため、建築士とどううまくタッグを組むかが、裁判に勝つ秘訣の一つです。
 しかし、現実はなかなかそうでもありません。また、司法試験は基本的に一人で立ちむかわなければなりません。チームワークの勉強ではないので、弁護士はどちらかというと共同作業が苦手です。

 そのため、前ページで紹介したように、もう少し建築士に相談すれば裁判が有利になる助言が得られるのに・・と思う弁護士さんもかなりいます。人と協調することになれていない。俺一人で出来るんだと独善的な思いにとらわれている弁護士さんでしょうか。(もっとも建築士も裁判になれていないので、一概に言えませんが)

 

    

 前ページでも紹介したように、建築の専門知識が必要なのに建築士を必要と感じない「無視、価値不認識の弁護士」のようなうぬぼれ弁護士だと一人相撲を取ってしまいます。
 「丸投げ、無関心の弁護士」も困ったもので、文系の思考が強すぎて、「理数系のやり取りなど全くわからないので丸投げだ」と、技術面に無関心な弁護士も勝てません。

 結局のところ、依頼者の問題をどこまで自分の問題として考えてくれるか。わからないものはわからないと建築士など専門家の助言を聞ける謙虚さを持っているか
 良い弁護士とは、この2つに収斂されるのかも知りませんね。




 勝つ弁護士、負ける弁護士   欠陥住宅裁判の心得  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内