欠陥住宅裁判の心得住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●民法

ご注意とお断り・・・
○トラブル対策の武器
建築主の最大の武器
その前に債権・債務
債務不履行
違法工事と不法行為
建築確認と委任行為
まとめてみると

○契約解除について
契約解除は出来るのか
契約解除できるとき

●欠陥住宅裁判の心得
 裁判は、一審制と心得よ!
裁判の勝ち負けは
 人との巡り合わせ次第かも

裁判の長さ=往生際の悪さ
裁判の掟
裁判、行政処分、刑事罰
裁判官という職業
調停か、裁判か?
正義が勝つとは限らない
  その理由とは
欠陥住宅裁判に勝つ方法  
裁判に勝つための
      弁護士の選び方
○弁護士のこと
 選びたい弁護士
勝つ弁護士、負ける弁護士
ありがたくない仕事

○裁判に正義は無い!
 勝って7割、示談的判決
 逆転勝訴。そんな格好の
  よいもん。無い!無い!

 判決スルーの術

●欠陥住宅・裁判事例
・なんちゅう仕事や。これは
  1.呆れた仕事
  2.呆れた反論
  3.収支決算
・欠陥工事のデパート
  1.目が点になる工事
  2.底版の無い基礎
  3.結末は・・・
・建築家トラブル
  1.金払え!

●判例ミニ知識
 以下の者、懲役1年に処す

 欠陥住宅と慰謝料   
欠陥マンションに最高裁
       画期的判決
そんなアホな!最高裁判例  
名義貸し建築士に断罪 



 

 

 

 

 正義は勝つ。自分は正しい。だから裁判には勝つ!!
なんて思っていると裁判には負けてしまいます。

ありがたくない仕事」では、相手が良心的で非を認めて和解に応じる場合でも1年程度かかります。相手が不誠実で徹底抗戦されると裁判の審理期間は2年を超えると書きました。

私の私見ですが、裁判にはこういう方程式があるんですね。



   ・相手が徹底抗戦すると、勝率は3割減る
   ・自分の弁護士がへぼ弁護士だと、勝率は3割減る
   ・裁判所が指定した建築士が素人だったら、勝率は3割減る 

   

 あなたが、満点の正しさであったとしても、巡り合わせ次第で、上の割合だけ、あなたの勝率が減らされるんですね。勝率が減るというのはわかりにくいと思いますが、要は訴えていたことが認めてもらえなかったり、損害額が減らされると考えると良いです。

★たとえば、相手が徹底抗戦して、あなたの依頼した弁護士がへぼ弁護士なら、勝率4割です。(100点満点−減点3割−減点3割=勝率4割)

★たとえば、裁判の途中で専門委員として裁判所が建築士に専門的意見を聞くために建築士を依頼することがあります。その建築士があなたが争っている分野に知識が無い建築士であれば、トンチンカンな判断をすることが多く、そのような建築士に当たるとあなたの勝率を3割減らしてしまいます。

★相手が徹底抗戦する相手かどうか。
 そんなの最初からわかりませんね。ただ言えることは、相手自身のお金に対する余裕度で相手の態度は変わります。
 相手に資金的な余裕がある場合は、比較的和解に応じてきますが、相手が資金的に窮している場合は和解にも応じず、徹底抗戦、すなわち裁判が長期化する場合が多いです。
 後は人間性でしょうか。東京都の桝添知事の人間性に疑問を抱いた人も多かったと思いますが、それが選挙の時にわかればねぇ・・と同じです。契約するときに相手の人間性や資金的な余裕度までわかりっこありませんね。

★自分が選んだ弁護士が優秀かどうかもやってみないとわかりませんし、裁判をスタートしたところであなたに裁判の経験がないのですから、弁護士の優秀さなど比較のしようがありません。

14-0124.png勝てるはずの裁判を、弁護士が悪かったために敗訴した案件を3件知っています。
ある案件などは、弁護士が建築士の意見を聞かずに自分は優秀だと言う思い込みから建築の分野まで一人で抱えて(建築の分野など優秀な自分が勉強すれば大丈夫だと思って)裁判を争っていました。
ある弁護士など、書類の作成まで依頼者に丸投げする役立たずの老齢過ぎる弁護士でした。

   まぁ、上の要素以外にも減点要素はありますが、・・・、
 つまり、つまりは、『裁判の勝ち負けなんてとどのつまりは、人との巡り合わせ』なのです。
 正義って、勝つ支度を入念にしないと勝てないなものなんですね〜。

 少なくとも、「いゃ。今回の裁判官は人間味溢れる裁判官で、こちらの話を十分すぎるほどわかってくれて、良い判決が出たよ」なんて、おとぎ話の世界ですからね!!



裁判の長さ=往生際の悪さ  欠陥住宅裁判の心得         

住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内