欠陥住宅裁判の心得住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●民法

ご注意とお断り・・・
○トラブル対策の武器
建築主の最大の武器
その前に債権・債務
債務不履行
違法工事と不法行為
建築確認と委任行為
まとめてみると

○契約解除について
契約解除は出来るのか
契約解除できるとき

●欠陥住宅裁判の心得
裁判の勝ち負けは
 人との巡り合わせ次第かも

裁判の長さ=往生際の悪さ
裁判の掟
裁判、行政処分、刑事罰
裁判官という職業
調停か、裁判か?
正義が勝つとは限らない
  その理由とは
欠陥住宅裁判に勝つ方法  
裁判に勝つための
      弁護士の選び方
○弁護士のこと
 選びたい弁護士
勝つ弁護士、負ける弁護士
ありがたくない仕事

○裁判に正義は無い!
 勝って7割、示談的判決
 逆転勝訴。そんな格好の
  よいもん。無い!無い!

 判決スルーの術

●欠陥住宅・裁判事例
・なんちゅう仕事や。これは
  1.呆れた仕事
  2.呆れた反論
  3.収支決算
・欠陥工事のデパート
  1.目が点になる工事
  2.底版の無い基礎
  3.結末は・・・
・建築家トラブル
  1.金払え!

●判例ミニ知識
 以下の者、懲役1年に処す

 欠陥住宅と慰謝料   
欠陥マンションに最高裁
       画期的判決
そんなアホな!最高裁判例  
名義貸し建築士に断罪 

●ブログ記事
(別ウインドが開きます)

・欠陥住宅問題
トラブル事例



 

 

 

 

 ある方から突然お電話をいただきました。
 『建築家に依頼してプランをしてもらったのですが、イメージや金額、相性などが合わなくて止めようと思っています。相手は、設計契約をするまでは、プレゼンテーション1回ごとに5万円でよいと言っています。

 今までに2回プレゼンをしてもらったので、10万円をお支払いすればいいかと思っているのですが、何度も打ち合わせをさせていただいたりしたのですが、それだけでよいのでしょうか。』

 「相手がそれでよいと言って作業をしているのですから、10万円を支払った上で、理由を言ってこれ以降の作業を断ればいいです」
  と私はアドバイスをしたのですが、再び今度はメールがありました。

 『先週末、先方の事務所へ出かけ、設計契約は結べない旨、話をいたしました。
 先方は、いろいろなことを言ってきて、このままプロジェクトを進めようと説得してきましたが、もう、難しいとお断りはしてきました。
 ただ、先方は銀行融資用の図面に40h、ここまでの作業に100h、我が家の担当者が最初のプレゼンに200h、2回目のプレゼンに60h、作業をしていると話し、これを請求するとすごい金額になりますよと帰り際に言われました。』


 『こちらが2回のプレゼン代をお支払いして、お断りすると伝えると、さっき話した時間は、概算だから、もっとすごい金額になると。打合せをした時間もお金、電話で話をした時間もお金だと、ものすごい剣幕でした。
 こちらは、とにかくプレゼン代2回分をお支払いするとしか言えないと伝え、話し合いは終わったのですが…。
 先方は、出るとこ出ましょうといっています。
 請求金額は、今週中に連絡してくるとのことです。』


 『こちらは、どのような準備をしておけばよいか、お知恵を拝借したく、メールをさせていただきました。やはり、弁護士さんに相談するべきて゜しょうか。』

 「準備などする必要もないですし、弁護士に相談する必要もないです。相手は、裁判など出来ません。」と私は答えました。

      

 まぁ、この建築家。
 これだけ一生懸命打ち合わせの時間を取り、プレゼンもしたのだから、きっと相手は仕事を依頼して来ると勝手に思い込んでいたのでしょう。
 でも断られた腹いせから、都合400時間も仕事をしたのだと嘘八百で脅かせば、相手も仕方なく戻ってくるだろうと思っていったのでしょうね。

 建築家というものに依頼すると、時々こういったトラブルが起こります。
  先ほどの時間を計算すると合計400時間もかけていたことになるのですが、これって1日8時間仕事をしたとして、50日間、この方のためにプランをしていたことになります。

 そんな馬鹿なことはあり得ませんが、百歩譲って、相当の時間をこの方のプランにかけたとしても、最初からプレゼン1回5万円と言っているのなら、それだけしか請求できないのは商売として当然のことですし、それがいやなら、さっさと設計契約を結べばいいのです。

 建築家って、プランするのは大好きでも、商道徳や商取引に全く疎い人がたくさんします。

 いわゆる芸術家的な商感覚のなさですね。

 そして、自分のプラン、自分の意見が通らないと・
 すねる・、ごねる・・
 この建築家のような「子供のような建築家」がいるのがこの世界。

 でも、こちらは相手が大人だと思っているから、「出るところに出よう」と言われるとついつい、本当かいな・・と思ってしまうんですね。

 上のイラスト。見ているとまさに誠実そうなお顔ですこと・・・。
 でも時々、商取引も知らない子供のような建築家が世間を闊歩していることがありますよ。



  欠陥住宅・裁判事例    
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内