業者選びと契約−住宅業界を知れ!住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●見積を取れ(注文住宅)
見積の手順
見積書の見方
図面と見積書の関係
プロの見積査定
諸経費って何?
坪単価と適正価格
建物グレードと坪単価

●見積を取れ(建築条件付)
見積の手順
見積書の見方
図面と見積書の関係
建築条件付の見積の特徴

●ローコストの心得
坪単価の目安は建売住宅
見栄、体裁を捨てて・・
変更、追加は損!
建物の形とコスト要素
定価と値引率のカラクリ
時間を武器に使え!
途中で諦めるな

●値引きのツボ
値引きはいくらまで可能か
値引きは織込み済みを
知っておこう

値引率で判断するな!
精一杯の値引きです

●住宅価格の裏側
住宅価格 4つの特徴
単価比較は意味が無い
価格の主導権はどっち
オープン価格と設計価格
仕切り値と値付け

●見積ミニ知識
各業界の利益調べ(2007)
HM別、坪単価の傾向

見積はポーカーゲーム
見積は誰もわからない
目くらましテクニック
坪数水増しテクニック

 


 ここで「ローコストの心得」のテーマを一旦まとめて、おしまいにします。ここまで書いていることはいわゆるテクニックではありません。
 唯一テクニックらしきものは、「建物の形とコスト」という部分ですが、ローコストの、こうすれば「ローコストに出来る・・」なんて、さもありそうなテクニックなどありません。 なぜなら、
  いつも、坪60万円で立てている住宅業者が、「はい、分かりました。お客様には、坪45万円で建てるプランを提供しましょう・・」なんて話は眉唾ものです。
 安く建てるというのも一つのノウハウです。
 建築家の中には、ローコストをメインに謳っている事務所もありますが、多くは工事を協力してくれる工務店が決まっています。それは、そういう部分(ローコスト)を協力してくれる工務店あっての話だからです。
 ですから、最初のスタートは、臆せず、忍耐を持って業者を捜す。。ということからスタートします。
 その後は、今まで書いてきたとおりのことです。

 そして、一番大事なことは途中で諦めないことでしょうね。。  
 なぜなら、こんな事を書いている私なんか、自分が立てた計画に縛られ、「せっかくですから・・」というセールストークにほだされ、予定よりも高い買い物をしてしまったのです。それも「まぁ、せっかくだから仕方ないか」という自己弁護を自分にしながらね。
 後から振り返ると、「少々遅れて建てても構わない」という気持ちの余裕があれば良かったのですが、大体人間、2.3件の業者を廻ると、大概疲れ果て、「いい加減、この辺りで決めたい」という心理が働いてしまいます。
 安く建てたい・・と思いつつ、この先の業者探しの面倒くささを知り、今ある現実に妥協してしまうんですね。
 この気持ちに打ち勝てば、ローコストも自分にあった業者を探すことも手に入れられるでしょうね。
私がそうでしたから。(意志を通せなかったという意味で)
 多くの人にとっては、ローコストの道、それは自分に打つ勝つことかも知れませんよ。


  ローコストの心得
2012.10 「間取り図で見分ける買っていい家と悪い家」 を出版しました。住宅の購入や契約のための121のチェックポイントが網羅されています。
このホームページやサポートサービスのマニュアルにも載っていない部分もありますので、ぜひご活用ください
アマゾン(Amazon.co.jp)

2011.6 「断熱」の本を出版しました。
『よくわかる最新断熱・気密の基本と仕組み』―断熱・気密がわかれば、結露と換気もよくわかる! 断熱・気密の技術 』
下記でお求めいただけます。
アマゾン(Amazon.co.jp)
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内