業者選びと契約−住宅業界を知れ!住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●見積を取れ(注文住宅)
見積の手順
見積書の見方
図面と見積書の関係
プロの見積査定
諸経費って何?
坪単価と適正価格
建物グレードと坪単価

●見積を取れ(建築条件付)
見積の手順
見積書の見方
図面と見積書の関係
建築条件付の見積の特徴

●ローコストの心得
坪単価の目安は建売住宅
見栄、体裁を捨てて・・
変更、追加は損!
建物の形とコスト要素
定価と値引率のカラクリ
時間を武器に使え!
途中で諦めるな

●値引きのツボ
値引きはいくらまで可能か
値引きは織込み済みを
知っておこう

値引率で判断するな!
精一杯の値引きです

●住宅価格の裏側
住宅価格 4つの特徴
単価比較は意味が無い
価格の主導権はどっち
オープン価格と設計価格
仕切り値と値付け

●見積ミニ知識
各業界の利益調べ(2007)
HM別、坪単価の傾向

見積はポーカーゲーム
見積は誰もわからない
目くらましテクニック
坪数水増しテクニック

 


 最近は、オープン価格が多くなったせいで、その価格が高いのか安いのか、あるいはカタログだけを見ても、「オープン価格」と表示されているだけで分からない場合が多いですが、でも、自動車も定価が公表されていますし、建材や住宅設備も定価が公表されています。
 定価が書かれているから安心かというと、実は、この定価がくせ者です。
 少なくとも、建材や住設の定価は、自動車のように、カタログに書かれている価格表から、せいぜい値引きをしても10〜20万円程度といった値引き幅の狭い、言い換えれば、価格表を見れば、誰が見てもおおよその予算をはじくことが出来る・・表示価格と実態価格の差が小さい・・・という消費者本位の親切な価格設定ではありません。

■定価を安く、値引きを少なく
 たとえば、同じようなグレードのキッチンであっても、メーカーによっては、定価を他社よりも安く設定している代わりに、値引率が高いために、結果として販売価格は、おなじようなグレードの品物であれば、結局おなじような価格になる・・・・ということもよくあります。

■定価を高く、値引きを大きく
 あるいは定価の6割で売り出されているから、安いんだ・・と思うと、実はもともと定価自体を高く高く見せかけた売り方だった・・というのもありますから、建材・住設の定価なんか「気休め程度の目安」ぐらいに考えておいた方が良いですよ。

 そして、定価15000円、売値8000円なんて値付けになると、定価なんてどうでも良い話ですね。本音は8000円の商品を8000円で売っているだけで、見せ掛けの定価を15000円にあ上げて、安くしたように騙しているだけですね。
 ある意味で、建材や住設の定価は、最初から「値引きありき」の設定なので、定価なんか真剣に見比べるものではないんですよ。
 定価の2割引だ・・と喜んでいるのはまだまたお人好しさん。最初から一定の値引きが見込め、その上で掃こう時点にも利益が出るように定価を決めているのが建材・住設の定価設定ですからね〜ぇ。


  ローコストの心得  
2012.10 「間取り図で見分ける買っていい家と悪い家」 を出版しました。住宅の購入や契約のための121のチェックポイントが網羅されています。
このホームページやサポートサービスのマニュアルにも載っていない部分もありますので、ぜひご活用ください
アマゾン(Amazon.co.jp)

2011.6 「断熱」の本を出版しました。
『よくわかる最新断熱・気密の基本と仕組み』―断熱・気密がわかれば、結露と換気もよくわかる! 断熱・気密の技術 』
下記でお求めいただけます。
アマゾン(Amazon.co.jp)
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内