業者選びと契約−住宅業界を知れ!住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●見積を取れ(注文住宅)
見積の手順
見積書の見方
図面と見積書の関係
プロの見積査定
諸経費って何?
坪単価と適正価格
建物グレードと坪単価

●見積を取れ(建築条件付)
見積の手順
見積書の見方
図面と見積書の関係
建築条件付の見積の特徴

●ローコストの心得
坪単価の目安は建売住宅
見栄、体裁を捨てて・・
変更、追加は損!
建物の形とコスト要素
定価と値引率のカラクリ
時間を武器に使え!
途中で諦めるな

●値引きのツボ
値引きはいくらまで可能か
値引きは織込み済みを
知っておこう

値引率で判断するな!
精一杯の値引きです

●住宅価格の裏側
住宅価格 4つの特徴
単価比較は意味が無い
価格の主導権はどっち
オープン価格と設計価格
仕切り値と値付け

●見積ミニ知識
各業界の利益調べ(2007)
HM別、坪単価の傾向

見積はポーカーゲーム
見積は誰もわからない
目くらましテクニック
坪数水増しテクニック

 


■建物の形によっても、コストが大きく変わってくる
  というのはご存じですか。
 よく言われる総2階がもっとも安く建てられ、平屋は高くつく・・というのは事実ですよ。それを少し具体的に形で見てみましょう。
 右の図の上は、総2階建ての間口8m、奥行き8mの延べ床面積128m2の建物。真ん中は平屋建てで同じ面積の間口16m、奥行き8mの建物を比較としたものですが、基礎や屋根の面積は、総2階の建物の方が当然に少なくてすみ、平屋建ては、総2階の建物の実に2倍の面積が必要になってきます。
 一般的に、基礎や屋根工事は建物全体の工事費の10%程度の金額を占めますから、単純計算では、平屋建てでは、総2階のコストの1割は余分に必要だ(最低)と言うことになりますね。
 また、凸凹した変形の建物はどうでしょうか。一番下の図は左が2階建てで横に平屋の建物をくっつけて床面積128m2としたものです。やはり、総2階に比べて外壁の面積が少し小さくなったものの、基礎や屋根の面積は増えますから、全体としては微妙にコストアップしていきます。


もっとも、建売・分譲系などは、そもそもプランをする時点で坪単価が決められている場合がほとんどですし、そうそう変な形状が出来るほど敷地に余裕があるわけではありませんから、まず、この手の心配をする必要はありません。
反対に注文住宅の場合は、敷地の形状や広さによっては、建物の形が工事費に与える要素が非常に大きいですね。


■シンプル・イズ・ベスト
 建物の形は、可能な限りシンプルであること。それは動線も短くなりやすく、完成後のメンテ費用も少なくてすむというメリットも生まれます。反対に形状が複雑であるほどコストが高くなり、雨漏りしやすく・・・と、ローコスト追求という意味に限らず、建物というものは形状が複雑になるほどデメリットの方の要素が高くなりがちです。


  ローコストの心得  
2012.10 「間取り図で見分ける買っていい家と悪い家」 を出版しました。住宅の購入や契約のための121のチェックポイントが網羅されています。
このホームページやサポートサービスのマニュアルにも載っていない部分もありますので、ぜひご活用ください
アマゾン(Amazon.co.jp)

2011.6 「断熱」の本を出版しました。
『よくわかる最新断熱・気密の基本と仕組み』―断熱・気密がわかれば、結露と換気もよくわかる! 断熱・気密の技術 』
下記でお求めいただけます。
アマゾン(Amazon.co.jp)
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内