業者選びと契約−住宅業界を知れ!住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●見積を取れ(注文住宅)
見積の手順
見積書の見方
図面と見積書の関係
プロの見積査定
諸経費って何?
坪単価と適正価格
建物グレードと坪単価

●見積を取れ(建築条件付)
見積の手順
見積書の見方
図面と見積書の関係
建築条件付の見積の特徴

●ローコストの心得
坪単価の目安は建売住宅
見栄、体裁を捨てて・・
変更、追加は損!
建物の形とコスト要素
定価と値引率のカラクリ
時間を武器に使え!
途中で諦めるな

●値引きのツボ
値引きはいくらまで可能か
値引きは織込み済みを
知っておこう

値引率で判断するな!
精一杯の値引きです

●住宅価格の裏側
住宅価格 4つの特徴
単価比較は意味が無い
価格の主導権はどっち
オープン価格と設計価格
仕切り値と値付け

●見積ミニ知識
各業界の利益調べ(2007)
HM別、坪単価の傾向

見積はポーカーゲーム
見積は誰もわからない
目くらましテクニック
坪数水増しテクニック

 


 あからさまに「この商品はローコストです」と謳っている会社はあまり多くありません。しかし、大手あるいは中堅ハウスメーカーの中にも、いろいろな商品シリーズがある中で、目立たず、ローコストシリーズを商品の中に置いている場合があります。

■見栄・体裁・虚栄心を捨てて聞く

 ただ、どれもこれも単にネット情報を見るだけではわかりづらいのが難点です。そのため、一番ストレートな探し方は、「御社のもっともローコストシリーズはどれ!!」と担当直入に聞くのが一番でしょうね。
 あるいは単刀直入に、「御社では、この程度の広さで坪○○万円ぐらいでできますか」と聞くのも良いと思います。そして、ローコストを捜すときの一番の障害は、実はご自身の「見栄や体裁・虚栄心」にあります。

 たとえば、賃貸住宅を探す立場になるとよく分かるのですが、こういう時の不動産会社の営業の基本テクニックは、安かろう、悪かろうの物件を最初に見せて、順番にグレードアップしていく。あるいはその逆で良い物件を見せて、わざと悪い物件を見せると、多くの人は、安い物よりもより高いものを選ぶ傾向にあるようです。
そのとき
・もう少しお金を出しても良いから、これよりはましな方が良い
・あまりお金を持っていないと見られるのもイヤだ。
・せっかくなので、もう少しだけ奮発しておこう
などなど、「見栄や体裁・虚栄心」を自分自身に推し量りながら、決めていく場面がよくあります。


 ハウスメーカーが、価格を曖昧にしているのも、この心理を突いているにほかなりません。
 「何とか予算内に出来ないか」と思いつつ、
 「せっかくの機会、一生に一回ですから」 なんて言われれば、多少は贅沢をしても良いかなぁ〜なんて思いだすと相手の思うつぼ。

■断る気持ちの強さ
 「あれだけ一生懸命考えてくれたのに・・」とか
「安い物アサリ・・と思われるのも」といったものが邪魔をして、結局自分の財布に無理をさせることもなきにしもあらず・・・勇気を持って「ご縁がありませんでした」と断る事もローコストの追求には大事な要素ですね。

  ローコストの心得  
2012.10 「間取り図で見分ける買っていい家と悪い家」 を出版しました。住宅の購入や契約のための121のチェックポイントが網羅されています。
このホームページやサポートサービスのマニュアルにも載っていない部分もありますので、ぜひご活用ください
アマゾン(Amazon.co.jp)

2011.6 「断熱」の本を出版しました。
『よくわかる最新断熱・気密の基本と仕組み』―断熱・気密がわかれば、結露と換気もよくわかる! 断熱・気密の技術 』
下記でお求めいただけます。
アマゾン(Amazon.co.jp)
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内