業者選びと契約−失敗しない工事契約書のカンどころ住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●住宅業界を知れ!
住宅業界の特異性
ふるいのかからない業界
格差の業界
消費者の誤解
ランク指定できる
優・良・可・不可
価格の裏側
営業気質
契約の原点
住宅業界は特殊か?
業者の特徴(注文系)
業者の特徴(建売系)
業者の特徴(建築家)
許容範囲は自分流
もうひとつの自分流

●業界人を知る
・CM方式
 CM方式の注意点
 
CM方式:業者からみると
・現場監督
 現場監督の仕事って
 現場監督のタイプと傾向
 社風が品質を決める
 現場監督はつらいよ!
 現場監督の見分け方
・建築士
 建築士って「足の裏の米」?
 個人の資質が左右する仕事
 気をつけよう、こんな人
・営業マン
 営業マンの当たり外れ

 信頼できる営業マンの
        見分け方

●会社のいろいろ
契約約款を説明できない
  営業マン
正反対の社員のいる会社
大手気取りの会社
わかってくれないと嘆く会社
秘密主義の会社
地元に隠れた良店有り!


 

 

 

 住宅会社といっても様々で、一癖、二癖、果ては三癖もあるような会社もなきにしもあらずです。今回はその当たりを今までの事例からご紹介していきましょう。

 『正反対の社員のいる会社

 この会社、れっきとした全国区の大手住宅会社です。2X4工法をメインとし、リフォームまで大々的にコマーシャルも仕掛けて手を広げています。
 そして、この会社の大きな特徴は図面に対する扱いです。
 一方の営業マン、設計者は、建築主が基礎伏図や構造図といった専門的な図面を要求しても、快く提出してもらえます。

 ところが、もう一方の営業マン、設計者はそういう要求をしても、『企業秘密の部分です』といって応じてもらえません。

 この会社で建てられた方とは、すでに10件以上のサポートをしていますが、図面に対する対応は、これだけ極端に変わっています。

 その理由は定かではありません。しかし昔、この会社は戸建て住宅の部門で、注文住宅系の会社と建売系の会社が合併したときがある・・と聞いたことがありますが、その名残なのかも知れません。

 注文住宅を専門にしていたグループは、図面を出す事に躊躇しないし、事実、彼らの書く図面は見ていると丁寧です。
 対して、建売系のグループなのかな・・と感じられる人達の使った図面は、建売の名残を感じさせるようなややアバウトな図面です。そして、なんだかんだと交渉してやっとしぶしぶ図面が出てきます。

 どちらも同じ注文住宅なんですが・・・ねぇ。
 まるで双頭の生き物が住んでいるような変な会社。
 そして、『あぁ〜。良い方の営業グループ、設計スタッフに当たればいいのになぁ。。』と感じる会社なのです。

 社員数約8000人、ビルの開発・賃貸、マンション・戸建住宅の開発・分譲、宅地の造成・分譲 、海外不動産の開発・分譲・賃貸、建築土木工事の請負・設計・監理、不動産の売買・仲介・鑑定 ほか ・・と書くほど確かに手広くやっている大きな大きな会社なんですが。。。資本金や会社の規模ではうかがうことの出来ない、摩訶不思議な会社もあるんですよ。


  会社いろいろ   
2012.10 「間取り図で見分ける買っていい家と悪い家」 を出版しました。住宅の購入や契約のための121のチェックポイントが網羅されています。
このホームページやサポートサービスのマニュアルにも載っていない部分もありますので、ぜひご活用ください
アマゾン(Amazon.co.jp)

2011.6 「断熱」の本を出版しました。
『よくわかる最新断熱・気密の基本と仕組み』―断熱・気密がわかれば、結露と換気もよくわかる! 断熱・気密の技術 』
下記でお求めいただけます。
アマゾン(Amazon.co.jp)
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内