業者選びと契約−住宅業界を知れ!住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●住宅業界を知れ!
住宅業界の特異性
ふるいのかからない業界
格差の業界
消費者の誤解
ランク指定できる
優・良・可・不可
価格の裏側
営業気質
契約の原点
住宅業界は特殊か?
業者の特徴(注文系)
業者の特徴(建売系)
業者の特徴(建築家)
許容範囲は自分流
もうひとつの自分流

●業界人を知る
・CM方式
 CM方式の注意点
 
CM方式:業者からみると
・現場監督
 現場監督の仕事って
 現場監督のタイプと傾向
 社風が品質を決める
 現場監督はつらいよ!
 現場監督の見分け方
・建築士
 建築士って「足の裏の米」?
 個人の資質が左右する仕事
 気をつけよう、こんな人
・営業マン
 営業マンの当たり外れ

 信頼できる営業マンの
        見分け方

●会社のいろいろ
契約約款を説明できない
  営業マン
正反対の社員のいる会社
大手気取りの会社
わかってくれないと嘆く会社
秘密主義の会社
地元に隠れた良店有り!

 
住宅業界を知れ!−格差の業界


販売者と生産者が同じ
 住宅業界が抱えている決定的な問題。それは生産者と販売者が同じであるという問題です。
 私たちが知っている生鮮食品も、雑貨、衣料、日用品も、家電や自動車といった商品のほとんどが販売者と生産者が別々に存在しています。そのために、A社の家電を買いたいと決めても多くの販売店から選ぶことが出来ます。また、野菜や魚などの生鮮食品などは、生産者は小さくても問屋や販売者の段階でフィルターがかかるために変な商品は出回りません。旅館やホテルなどは製造と販売が同じように見えますが、販売のほとんどは旅行代理店が行っていますから、実質的には生産者と同じです。

 つまり、生鮮食品も、日用品も家電も生産者が良い物でなければ販売者が売ってくれない。販売店もクレームは困りますから、扱いにくい商品、不評な商品は販売店の棚の片隅に追いやられるというフィルターが機能します。
 しかし、住宅業界では、生産者と販売者が同じであるためにそういったフィルターは全くありません。


格差が当たり前の業界
 こんなメッセージをいただきました。
 『私は建築業界ではないですが家を建てる際に数多くの業者と話をしましたが、これほど値段や技術がバラバラな業界は知りません
 値段も技術もバラバラなのは、前ページで書いたように住宅業界自身が年商1兆円、施工棟数、数千棟のハウスメーカーから、数千万円、2.3棟の零細企業までいろいろな格差のある業者が集まっている業界であると共に、販売者というふるいのかからない業界であるという特異な構造がなせる技なのです。

 このような他業界とまったく異なる産業構造を考えれば、この構造的な問題のなため、トラブルがあり、欠陥住宅が起こるのです。そして、この構造的な問題を知ることこそ、賢い消費者になる足がかりの一つなのです。





  住宅業界を知れ  
2012.10 「間取り図で見分ける買っていい家と悪い家」 を出版しました。住宅の購入や契約のための121のチェックポイントが網羅されています。
このホームページやサポートサービスのマニュアルにも載っていない部分もありますので、ぜひご活用ください
アマゾン(Amazon.co.jp)

2011.6 「断熱」の本を出版しました。
『よくわかる最新断熱・気密の基本と仕組み』―断熱・気密がわかれば、結露と換気もよくわかる! 断熱・気密の技術 』
下記でお求めいただけます。
アマゾン(Amazon.co.jp)
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内