業者選びと契約−住宅業界を知れ!住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●住宅業界を知れ!
住宅業界の特異性
ふるいのかからない業界
格差の業界
消費者の誤解
ランク指定できる
優・良・可・不可
価格の裏側
営業気質
契約の原点
住宅業界は特殊か?
業者の特徴(注文系)
業者の特徴(建売系)
業者の特徴(建築家)
許容範囲は自分流
もうひとつの自分流

●業界人を知る
・CM方式
 CM方式の注意点
 
CM方式:業者からみると
・現場監督
 現場監督の仕事って
 現場監督のタイプと傾向
 社風が品質を決める
 現場監督はつらいよ!
 現場監督の見分け方
・建築士
 建築士って「足の裏の米」?
 個人の資質が左右する仕事
 気をつけよう、こんな人
・営業マン
 営業マンの当たり外れ

 信頼できる営業マンの
        見分け方

●会社のいろいろ
契約約款を説明できない
  営業マン
正反対の社員のいる会社
大手気取りの会社
わかってくれないと嘆く会社
秘密主義の会社
地元に隠れた良店有り!

 
住宅業界を知れ!−もうひとつの自分流


 前項では、作業をしている人達そのもので仕事の許容範囲を決めているのだ。という一つの問題をご紹介しました。
 しかし、実はその逆もあるのです。許容範囲が明確でないことは、すなわち、建築主の側から見た許容範囲もまちまちなのです。
 左の写真のコンクリートのひび割れ、鉄筋の錆び、土台の割れ、木材の作業中の欠け、雨に濡れた合板、この中の過半は、建物にとって特に支障のないものばかりなのですが、 これらの現象は、建築主の不安心理を高めこそすれ、安心させるものではありません。
 そして、例外なく人々の判断は、この写真のような見かけだけを基準に判断して不安をかき立て、建物は大丈夫か?手抜き工事ではないのか!と無用な心配をしています。

ある時、右のような写真を添えて『アンカーボルトが傾いています。欠陥工事です。基礎をやり変えて欲しいのです。』といって相談をもってこられ、わざわざ『我が家は欠陥住宅だ!』というホームページまで立ち上げられた方がいました。
きれいな完成品しか見たことがない。曲がったキュウリも、土に汚れた取れたての野菜も見たことがなければ、すべては欠陥に見えてしまうのでしょう。そんな危うい尺度で建築会社を悩ます建築主だっているのです。 注:このような傾きは何も問題ありません。

 物事を判断する基準は、その人の性格と経験、言い換えれば生きてきた、経験してきたことがその人の尺度になっしまうのは仕方のないことかも知れません。
 でも、曲がったキュウリも、土から取ったばかりの汚れているだけの野菜も欠陥商品と映ってしまえば何も答える術はありません。
 私たちは、いつしかきれいなものしか、完成したものしか目に入らない時代に住んでいます。工事の過程では汚れ、割れなどいつもきれいな事ばかりで進んでいるのではありません。1軒に1万本の釘を打つ2x4では、釘の打ち損じも出るのが当たり前。でも打ち損じはおかしいと感じる人もいます。あながち昨今の欠陥住宅騒ぎは、建築主が作り出している側面も無いとは言えないのです。

この写真の多くを欠陥、手抜き工事と感じた人は、自分流の危険領域に入っています。




  住宅業界を知れ
2012.10 「間取り図で見分ける買っていい家と悪い家」 を出版しました。住宅の購入や契約のための121のチェックポイントが網羅されています。
このホームページやサポートサービスのマニュアルにも載っていない部分もありますので、ぜひご活用ください
アマゾン(Amazon.co.jp)

2011.6 「断熱」の本を出版しました。
『よくわかる最新断熱・気密の基本と仕組み』―断熱・気密がわかれば、結露と換気もよくわかる! 断熱・気密の技術 』
下記でお求めいただけます。
アマゾン(Amazon.co.jp)
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内