業者選びと契約−住宅業界を知れ!住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●住宅業界を知れ!
住宅業界の特異性
ふるいのかからない業界
格差の業界
消費者の誤解
ランク指定できる
優・良・可・不可
価格の裏側
営業気質
契約の原点
住宅業界は特殊か?
業者の特徴(注文系)
業者の特徴(建売系)
業者の特徴(建築家)
許容範囲は自分流
もうひとつの自分流

●業界人を知る
・CM方式
 CM方式の注意点
 
CM方式:業者からみると
・現場監督
 現場監督の仕事って
 現場監督のタイプと傾向
 社風が品質を決める
 現場監督はつらいよ!
 現場監督の見分け方
・建築士
 建築士って「足の裏の米」?
 個人の資質が左右する仕事
 気をつけよう、こんな人
・営業マン
 営業マンの当たり外れ

 信頼できる営業マンの
        見分け方

●会社のいろいろ
契約約款を説明できない
  営業マン
正反対の社員のいる会社
大手気取りの会社
わかってくれないと嘆く会社
秘密主義の会社
地元に隠れた良店有り!

 
住宅業界を知れ!−許容範囲は自分流


尺度の無い世界
 右の写真を見てみましょう。土台とアンカーボルトの工事写真ですが、どれがダメな工事で、どれが良い工事なのかわかりますか?
 実は法律(建築基準法)には、土台は、基礎に緊結しなければならない(*1)としか書かれていません。
 そして、公庫仕様書やその他の解説書でも、実は許容範囲は全く触れられていないのです。
 つ・ま・り・・・・・。
 仕事の許容範囲は、ひとそれぞれ、会社によって異なり、100の人や建築会社があれば、100の基準があるのです。
 いわば道路に速度制限が無く、ただ単に、安全な速度で走れ、と言っているのと同じことなのです。


許容範囲は自分流!
 これらのことは、基礎工事から言っていけば、コンクリートのジャンカやクラックの手直しの基準、アンカーボルトのズレや傾きの許容範囲、土台の座堀の程度、木材の傷、ひび割れの程度と使用限度の程度などなど、施工精度で曖昧になっているものを上げていけばきりがありません。
 でも、法律に許容範囲の尺度が書かれていない以上、その尺度は、作り手である人達が、自分たちの尺度で勝手に決めている部分が非常に多いのです。
 もちろん、よほど心して仕事に向かい合わないと、ついつい、『まぁ、この程度なら良いか』と自分に甘〜い判定をしてしまうのは人間の性ですね。
 そのためにえてして、言う側は『大丈夫です』という言葉でしか言えないし、基準が明確でない以上、反論も出来にくいのです。

 ここに欠陥住宅が生まれる風土があり、素人の人がものを言えない土壌があり、建築裁判は難しいと弁護士などから敬遠される理由なのです。

*1・・建築基準法施工令第42条 構造耐力上主要な部分である柱で最下階の部分に使用するものの下部には、土台を設けなければならない。(略) 2 土台は、基礎に緊結しなければならない。(略)

 




■質問
さて、左図のように土台とアンカーボルトには、いろいろな関係があります。

あなたは、どの程度の状態であれば、やり直しが必要と考えますか。
そして、どの程度であれば、『まぁ、いいか』と思いますか。
さらに、どの程度であれば、自分の仕事を自慢出来ますか。




  住宅業界を知れ  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内