業者選びと契約−住宅業界を知れ!住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●住宅業界を知れ!
住宅業界の特異性
ふるいのかからない業界
格差の業界
消費者の誤解
ランク指定できる
優・良・可・不可
価格の裏側
営業気質
契約の原点
住宅業界は特殊か?
業者の特徴(注文系)
業者の特徴(建売系)
業者の特徴(建築家)
許容範囲は自分流
もうひとつの自分流

●業界人を知る
・CM方式
 CM方式の注意点
 
CM方式:業者からみると
・現場監督
 現場監督の仕事って
 現場監督のタイプと傾向
 社風が品質を決める
 現場監督はつらいよ!
 現場監督の見分け方
・建築士
 建築士って「足の裏の米」?
 個人の資質が左右する仕事
 気をつけよう、こんな人
・営業マン
 営業マンの当たり外れ

 信頼できる営業マンの
        見分け方

●会社のいろいろ
契約約款を説明できない
  営業マン
正反対の社員のいる会社
大手気取りの会社
わかってくれないと嘆く会社
秘密主義の会社
地元に隠れた良店有り!

 
住宅業界を知れ!−業者の特徴(建築家)

建築家
まさに相性次第!
 個性が強いから建築家になる。思想があるから建築家になる。大手設計事務所ではできない住宅が好きだ。
 建築家になる理由は様々ですが、それぞれ癖のある人達、言い換えれば個性的な人達が多いのがこの世界です。そのため、建築家に住まいを依頼するなら、まずは相性が一番でしょうね。
 ただし、住まいの世界は、どんな建築よりも奥の深いものです。建築の世界では、建築は、住宅に始まり、住宅に終わる。と言われているぐらいです(最もとっつきやすく簡単なようで、実は最も難しいといった意味)。奥が深いと言うことは、建築士にも得意不得意があります。また、最近はやりのデザイナーズ住宅などと称して、デザインばかり優れていても構造や断熱はからっきしダメ。吹き抜けの天井にダウンライトを取り付けて、どうやって球を取り替えるの?と素人でもわかる疑問にも気づかない建築家?もいますので要注意です。よお〜く見合って決めましょう。


コンペ形式、分離発注形式
人となりを知れ
 はやっているのかどうか知りませんが、複数の設計者を競わせて提案させるコンペ形式のサイトがあります。私に言わせれば、そのサイトは営業能力の乏しい設計事務所をかりあつめ、ただでプランをさせ、仕事を受注したところからピンハネをしているにすぎません。(参加している設計者は一生懸命ですょ。受注したいから)
 そして、設計事務所が監理する分離発注方式も行われていますが、このようなシステムを使って成功するかどうかは、上の設計事務所の選別と同様に、最終的には建物の設計や監理をする建築士の力量にすべてかかっています。



所ジョージのBefore After

 この仕事をしていると、時々雑談で所ジョージさんが司会をしているリフォーム紹介テレビ番組、「Before After」の話になることがあります。  もちろん、最大の話題は「あんな費用で出来るの」ということですが、さて、どうなんでしょう。私たちから見れば、とてもテレビで紹介しているような金額では出来そうにありませんし、いかにテレビ写りが良いようにつくるかが視聴率の鍵ですからねぇ。


ネタ落ちてませんか

 同様に、欠陥住宅の話題がテレビで多かった頃は、私の所にいろいろ電話がありました。 「今度、欠陥住宅の特集を企画しています。ネタありませんか」 「何時放送するの」「はい。2週間後です」

 深く考察もせず、どうすれば視聴率が稼げるか、しか考えていないのがテレビ局ですょ。

以上2題はテレビ局の実態!


  住宅業界を知れ  
2012.10 「間取り図で見分ける買っていい家と悪い家」 を出版しました。住宅の購入や契約のための121のチェックポイントが網羅されています。
このホームページやサポートサービスのマニュアルにも載っていない部分もありますので、ぜひご活用ください
アマゾン(Amazon.co.jp)

2011.6 「断熱」の本を出版しました。
『よくわかる最新断熱・気密の基本と仕組み』―断熱・気密がわかれば、結露と換気もよくわかる! 断熱・気密の技術 』
下記でお求めいただけます。
アマゾン(Amazon.co.jp)
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内