業者選びと契約−住宅業界を知れ!住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●住宅業界を知れ!
住宅業界の特異性
ふるいのかからない業界
格差の業界
消費者の誤解
ランク指定できる
優・良・可・不可
価格の裏側
営業気質
契約の原点
住宅業界は特殊か?
業者の特徴(注文系)
業者の特徴(建売系)
業者の特徴(建築家)
許容範囲は自分流
もうひとつの自分流

●業界人を知る
・CM方式
 CM方式の注意点
 
CM方式:業者からみると
・現場監督
 現場監督の仕事って
 現場監督のタイプと傾向
 社風が品質を決める
 現場監督はつらいよ!
 現場監督の見分け方
・建築士
 建築士って「足の裏の米」?
 個人の資質が左右する仕事
 気をつけよう、こんな人
・営業マン
 営業マンの当たり外れ

 信頼できる営業マンの
        見分け方

●会社のいろいろ
契約約款を説明できない
  営業マン
正反対の社員のいる会社
大手気取りの会社
わかってくれないと嘆く会社
秘密主義の会社
地元に隠れた良店有り!

 
住宅業界を知れ!−業者の特徴(建売系)

地場中堅企業
標準的なものをソツなく提供!
 最初のページでもあるように、住宅供給の半数は年間施工棟数100棟以上の会社が行っています。建売系でも大規模な開発ができる資金力があるのもこのクラスの業者です。
 このような業者の特徴は、一言で言えば『標準的なものをそつなく提供する』と言っても過言ではないでしょう。同時に年間施工棟数が100棟を越える頃から設計や施工、あるいは建物の品質が一定の水準に達し、大きな欠陥や手抜き工事が発生する危険性は少なくなっていきます。
 そのかわり、毎年、毎年の売上確保を考えれば、一人ひとつの顧客に十分な時間と手間をかけていては割に合わず、文字通り一通りの注文を聞いて、後はこなしていくだけ、という感じになるのはやむを得ないでしょうね。
 逆に言えば、注文住宅的な細かな対応など期待せず、また、仕様変更などはかえって割高になる場合も多いですから、割り切ったつきあいが必要なタイプの業者です。


中小、零細企業
あたりはずれが大きい!
 建売系の不動産会社では2〜3人でやっている小さな会社も数多く存在しています。このタイプの特徴はとにかく業者の品質レベルが極端に違う、ということに尽きます。仕事が少なくなったから、材木店が建築条件付きの建物に手をだす。細々と年間数棟の販売をしている。といったこれらの業者は真摯に消費者の方を向いて、良質な住宅を造りたいと考えている会社から、土地を仕入れ<建物をくっつけて売ることしか考えていない業者まで実に様々です。  いくら土地の場所や価格が気に入ったとしても、慎重にことを進める必要のある業者ですょ。
 また、彼らは注文住宅中心の工務店とは異なり、住まいに関する知識はほとんど持っていません。売ることに熱心で、見栄えのする住宅設備には目がいっても、公庫仕様なんてていらない、いらない。と鼻から相手にしない不遜な業者もいることを忘れないようにしましょう。







土地だけでは儲からない
 建売業者の多くはいくら建築条件付きといっても、自分は建売住宅を売っているにすぎない。という強い感覚を持っています。  土地だけを売買していては儲からない。だから土地を仕入れて手頃に広さに分割し、建物をセットで販売する。ややこしい注文などなど手間がかかるだけ・・・  住宅を建てるのではなく、いかに儲けるかしか考えていないおざなりな業者が多いのも建売業界の特徴です。  そして、日本人の新築信仰がなくならない限り、不遜な不動産会社も無くなりません。




  住宅業界を知れ  
2012.10 「間取り図で見分ける買っていい家と悪い家」 を出版しました。住宅の購入や契約のための121のチェックポイントが網羅されています。
このホームページやサポートサービスのマニュアルにも載っていない部分もありますので、ぜひご活用ください
アマゾン(Amazon.co.jp)

2011.6 「断熱」の本を出版しました。
『よくわかる最新断熱・気密の基本と仕組み』―断熱・気密がわかれば、結露と換気もよくわかる! 断熱・気密の技術 』
下記でお求めいただけます。
アマゾン(Amazon.co.jp)
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内