業者選びと契約−住宅業界を知れ!住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●住宅業界を知れ!
住宅業界の特異性
ふるいのかからない業界
格差の業界
消費者の誤解
ランク指定できる
優・良・可・不可
価格の裏側
営業気質
契約の原点
住宅業界は特殊か?
業者の特徴(注文系)
業者の特徴(建売系)
業者の特徴(建築家)
許容範囲は自分流
もうひとつの自分流

●業界人を知る
・CM方式
 CM方式の注意点
 
CM方式:業者からみると
・現場監督
 現場監督の仕事って
 現場監督のタイプと傾向
 社風が品質を決める
 現場監督はつらいよ!
 現場監督の見分け方
・建築士
 建築士って「足の裏の米」?
 個人の資質が左右する仕事
 気をつけよう、こんな人
・営業マン
 営業マンの当たり外れ

 信頼できる営業マンの
        見分け方

●会社のいろいろ
契約約款を説明できない
  営業マン
正反対の社員のいる会社
大手気取りの会社
わかってくれないと嘆く会社
秘密主義の会社
地元に隠れた良店有り!

 
住宅業界を知れ!−業者の特徴(注文系)

ハウスメーカーはイージーオーダー
標準仕様を決め、仕様変更は少なく!
 ハウスメーカーは、各シリーズを企画するときに、外壁、屋根、サッシや室内ドア、住設機器などをメーカーとタイアップして大量仕入れあるいはロットオーダーと呼ばれる方法で選定する場合が多いです。このことがローコスト化・品質の安定につながる反面、全く同じ商品でも、ちょっとメーカーやグレードをかえるだけで見積もり価格がアップすることも良くあります。ハウスメーカーを選ぶ基準は、自分の気に入った商品グレードを決め、オプションや材料・機器の変更を極力少なくすれば安い価格で住宅を買うことができます。このあたりはローコストを標榜しているハウスメーカーになるほど顕著に表れます。


工務店はカスタムオーダー
どの工務店を選ぶかですべてが決まる!
 ハウスメーカーのように商品を固定化していない工務店は、細部にわたり顧客の注文を聞くことができ、自由な材料、機器の組み合わせが可能になります。反面、設計能力や技術力、工事監理能力は、その工務店の能力にすべてかかっています。
 また、研究熱心な会社では、自然素材、健康志向に特化したり、高断熱住宅を目指していたり、個性的な経営をして独自性を発揮している会社も多く存在しています。


ランチャイズ系は2つに分かれる
良質な本部と部材(物)を売るだけの本部!
 工務店単独では生き残りが難しいといった理由で特色のあるフランチャイズ系のシステムに加盟する工務店も多いですが、このタイプは大きく2つにわかります。加盟店の面倒を細かくサポートしていき、顧客とのトラブルも本部が責任をもって対応するキチンとした会社(本部)と、建材や部材などの商品だけを供給して、加盟店の実力アップも商品トラブルなどほったらかしのいい加減な会社(本部)の2つに大きく分かれます。






  住宅業界を知れ  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内