業者選びと契約−住宅業界を知れ!住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●住宅業界を知れ!
住宅業界の特異性
ふるいのかからない業界
格差の業界
消費者の誤解
ランク指定できる
優・良・可・不可
価格の裏側
営業気質
契約の原点
住宅業界は特殊か?
業者の特徴(注文系)
業者の特徴(建売系)
業者の特徴(建築家)
許容範囲は自分流
もうひとつの自分流

●業界人を知る
・CM方式
 CM方式の注意点
 
CM方式:業者からみると
・現場監督
 現場監督の仕事って
 現場監督のタイプと傾向
 社風が品質を決める
 現場監督はつらいよ!
 現場監督の見分け方
・建築士
 建築士って「足の裏の米」?
 個人の資質が左右する仕事
 気をつけよう、こんな人
・営業マン
 営業マンの当たり外れ

 信頼できる営業マンの
        見分け方

●会社のいろいろ
契約約款を説明できない
  営業マン
正反対の社員のいる会社
大手気取りの会社
わかってくれないと嘆く会社
秘密主義の会社
地元に隠れた良店有り!

 
住宅業界を知れ!−住宅業界は特殊か?

 よくいただくご相談の中で、住宅業界はよくわからない世界だから・・というのがあります。もちろん、どんな業界でも固有の慣習や独特のシステムがあるのは事実です。
 また、この程度の仕事を悪いと言うとダメかな。。という『優・良・可・不可』で説明した判断基準がなかなかわからない部分があるのも事実です。
 でも、
1.約束した納期が遅れる
2.注文した内容と違う
3.まともに図面を書いてこない
4.いつも何か忘れる
5.説明をしない



これは、はっきり言って人間として、社会人として、会社としてあってはならない普遍的なことです。住宅業界を特別な業界として見るのではなく、普通の社会人、普通の会社として見れば良いのです。

1.わからないことは説明してくれる
2.約束は守る


つまり、納得を買うのが賢い消費者であり、そうなるようにつとめているのが良心的な住宅会社なのです。

でも、それができていない人や会社が多すぎるから欠陥、手抜きという現象が現れます。大人になりきれていない、あるいは消費者を馬鹿にしたい会社がまだまた多くいる情けない業界であることも事実です。

同時に、安易に判子を押す極めて不用心な消費者(建築主)が多いのも事実です。類は類を呼ぶ。のことわざ通り、契約や注文というものに不用心な人ほど悪質な業者に引っかかりやすいのも事実ですね。普通の社会的常識や規範といったものに照らして行動し、交渉できる人ほど、リスクは少なくなると言えるでしょう。






  住宅業界を知れ  
2012.10 「間取り図で見分ける買っていい家と悪い家」 を出版しました。住宅の購入や契約のための121のチェックポイントが網羅されています。
このホームページやサポートサービスのマニュアルにも載っていない部分もありますので、ぜひご活用ください
アマゾン(Amazon.co.jp)

2011.6 「断熱」の本を出版しました。
『よくわかる最新断熱・気密の基本と仕組み』―断熱・気密がわかれば、結露と換気もよくわかる! 断熱・気密の技術 』
下記でお求めいただけます。
アマゾン(Amazon.co.jp)
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内