業者選びと契約−住宅業界を知れ!住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●住宅業界を知れ!
住宅業界の特異性
ふるいのかからない業界
格差の業界
消費者の誤解
ランク指定できる
優・良・可・不可
価格の裏側
営業気質
契約の原点
住宅業界は特殊か?
業者の特徴(注文系)
業者の特徴(建売系)
業者の特徴(建築家)
許容範囲は自分流
もうひとつの自分流

●業界人を知る
・CM方式
 CM方式の注意点
 
CM方式:業者からみると
・現場監督
 現場監督の仕事って
 現場監督のタイプと傾向
 社風が品質を決める
 現場監督はつらいよ!
 現場監督の見分け方
・建築士
 建築士って「足の裏の米」?
 個人の資質が左右する仕事
 気をつけよう、こんな人
・営業マン
 営業マンの当たり外れ

 信頼できる営業マンの
        見分け方

●会社のいろいろ
契約約款を説明できない
  営業マン
正反対の社員のいる会社
大手気取りの会社
わかってくれないと嘆く会社
秘密主義の会社
地元に隠れた良店有り!

 
住宅業界を知れ!−営業気質

住まいのづくりに関わる営業とは

 ハウスメーカーの営業マンはしつこい、工務店のおやじはまどろっこしい。そんなことをフッと思った方もいるかも。 自社製品も他社製品もわかり、住まいに精通し、なんでも知っている営業マン……そんな人いませんよ(いたらゴメンナサイネ)。
 ふつう、ハウスメーカーの営業マンは自動車のセールスと同じように、与えられた自社商品の中で売ることを要求されています。 まず、商品ありきなのです。そして自社商品のいいところを徹底的に薦めます。
 工務店は、そんな商品など持ち合わせていません。いままで自分がつくってきた建物そのものが商品であり、いろいろな注文をその都度こなしてきたのです。「お客さん〜。こんな材料もありますけど…」材料も機器も提案はできるが、顧客のニーズを的確につかんでいない限り難しいものです。
あなたが感じる違和感はこの違いかも知れません。いい営業マンとめぐり合え、すばらしい工務店と出会えるなら、どちらを選ぼうと住まいづくりに失敗することはありません。


契約したら音沙汰無し
 契約するまでは一生懸命訪れていて、熱心な人だと思っていたのに、契約をした途端に音沙汰無し・・・というタイプの営業マンも建売系では多いです。なぜでしょうか。
 人柄が悪いから?まぁ。それも大きな要素ですが、そうなるには要素があります。すべてとは言いませんが、会社によっては営業マンの給与は歩合制を取っているところがあります。売れば売るだけ実入りが大きい。そうなるといい加減な人間は顧客のことより、自分の成績だけに目を向けます。  釣った魚にえさはいらない。
 そういうタイプの会社。そういう営業マンもいることをお忘れなく。




  住宅業界を知れ  
2012.10 「間取り図で見分ける買っていい家と悪い家」 を出版しました。住宅の購入や契約のための121のチェックポイントが網羅されています。
このホームページやサポートサービスのマニュアルにも載っていない部分もありますので、ぜひご活用ください
アマゾン(Amazon.co.jp)

2011.6 「断熱」の本を出版しました。
『よくわかる最新断熱・気密の基本と仕組み』―断熱・気密がわかれば、結露と換気もよくわかる! 断熱・気密の技術 』
下記でお求めいただけます。
アマゾン(Amazon.co.jp)
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内