業者選びと契約−住宅業界を知れ!住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●住宅業界を知れ!
住宅業界の特異性
ふるいのかからない業界
格差の業界
消費者の誤解
ランク指定できる
優・良・可・不可
価格の裏側
営業気質
契約の原点
住宅業界は特殊か?
業者の特徴(注文系)
業者の特徴(建売系)
業者の特徴(建築家)
許容範囲は自分流
もうひとつの自分流

●業界人を知る
・CM方式
 CM方式の注意点
 
CM方式:業者からみると
・現場監督
 現場監督の仕事って
 現場監督のタイプと傾向
 社風が品質を決める
 現場監督はつらいよ!
 現場監督の見分け方
・建築士
 建築士って「足の裏の米」?
 個人の資質が左右する仕事
 気をつけよう、こんな人
・営業マン
 営業マンの当たり外れ

 信頼できる営業マンの
        見分け方

●会社のいろいろ
契約約款を説明できない
  営業マン
正反対の社員のいる会社
大手気取りの会社
わかってくれないと嘆く会社
秘密主義の会社
地元に隠れた良店有り!

 
住宅業界を知れ!−優・良・可・不可

良品、不良品では区別できない世界
 『ふるいのかからない業界』の中でいろいろな商品の選別過程を説明していますが、同様に住宅の世界では、そのほとんどの仕事を『現場』という文字通り工事現場の中で、材料をカットしたり、継ぎ合わせたり、組み立てて作業をしています。つまり、住宅は工事現場そのものがまさに物をつくる『工場』であり、『加工場』なのです。
 よく、この出来映えは文句を言うべきか。仕事がきれいとは思わないがどうだろうか。材料が欠けているが大丈夫か。といった問い合わせを耳にします。
 でもよく考えてみましょう。100枚の紙を工場の裁断機でカットすれば不揃いなくカットすることができます。でも100枚の紙を一枚ずつカットするのであれば、人間がする手作業である以上不揃いがでるのはやむを得ないことです。
 スーパーではまっすぐなキュウリしか目にしません。曲がったり、短いキュウリは選別という名のもとで農家の人が食べるか、家畜のえさになるか、捨てられているにすぎません。
 つまり、住宅の『現場』では、あなたは生産される工程をそのまま見ているのです。雑な人が紙をカットすれば不揃いの率は大きくなり、几帳面な人がカットすればその率は少なくなります。
 現場には、丁重な仕事を行っている人が多くいる現場か、雑な人が多いかによっても不揃いの率は大きく変わっていきます。
 いつも日常生活で完成された物しか見たことがない人々にとっては良品か、不良品かの区別しかないかも知れませんが、多くの作業を現場の手作業で行う住宅の世界では、『優・良・可・不可』という目で仕事を見る必要があるのです。
 では、雑な仕事でも寛容になれ、ということでしょうか。 もちろん、そうではありませんね。その品質(出来映え)を管理するのが住宅会社であり、現場監督の職務のひとつなのです。
 良質な仕事を求める。
 それは、住宅会社がキチンと仕事に向かっているのか。お金だけをもらい、顧客の方を向いていないのかを
建築主は現場で、初めて知ることになるのです。
 そう。業者の選別は契約前から始まっているのです。そして、どんな仕事をしようと、それはあなたが決めた業者なのです。

インターネットの弊害
 最近はほとんどの物事をインターネットで調べられる時代です。 住宅に関する情報も氾濫しています。でも料理のレシピーだけをみて最初から料理がうまくできる人などいませんね。  断片的な情報を選択し、その情報を分析できるのは、やはり長年、その仕事をしてきた人達です。  断片的な情報に一喜一憂しないように心がけましょう。









  住宅業界を知れ  
2012.10 「間取り図で見分ける買っていい家と悪い家」 を出版しました。住宅の購入や契約のための121のチェックポイントが網羅されています。
このホームページやサポートサービスのマニュアルにも載っていない部分もありますので、ぜひご活用ください
アマゾン(Amazon.co.jp)

2011.6 「断熱」の本を出版しました。
『よくわかる最新断熱・気密の基本と仕組み』―断熱・気密がわかれば、結露と換気もよくわかる! 断熱・気密の技術 』
下記でお求めいただけます。
アマゾン(Amazon.co.jp)
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内