業者選びと契約−失敗しない工事契約書のカンどころ住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●住宅業界を知れ!
住宅業界の特異性
ふるいのかからない業界
格差の業界
消費者の誤解
ランク指定できる
優・良・可・不可
価格の裏側
営業気質
契約の原点
住宅業界は特殊か?
業者の特徴(注文系)
業者の特徴(建売系)
業者の特徴(建築家)
許容範囲は自分流
もうひとつの自分流

●業界人を知る
・CM方式
 CM方式の注意点
 
CM方式:業者からみると
・現場監督
 現場監督の仕事って
 現場監督のタイプと傾向
 社風が品質を決める
 現場監督はつらいよ!
 現場監督の見分け方
・建築士
 建築士って「足の裏の米」?
 個人の資質が左右する仕事
 気をつけよう、こんな人
・営業マン
 営業マンの当たり外れ

 信頼できる営業マンの
        見分け方

●会社のいろいろ
契約約款を説明できない
  営業マン
正反対の社員のいる会社
大手気取りの会社
わかってくれないと嘆く会社
秘密主義の会社
地元に隠れた良店有り!


 

 

 

 前ページでも紹介しましたが、建築士って個人の資質によって左右される仕事ですね。

 一級建築士も受験資格の面から言えば、建築系の大学を出て2年すれば受験資格が出来、すぐに試験を受ければ、大学をでて3年後には資格を持てることになります。

 でも、設計をするには現場も工法も技術も知らなくてはならず、大学を出ただけで設計出来るほど甘くはありません。
 また、結婚をしていなければ、子供がいなければ、「住まい」というものに対する実感もなかなか湧きません。

  そういうことを考えると、建築士であっても最低でも7.8年程度のキャリアがないと、頭でっかちな頭で考えているだけの建築士でしかありません。

 そして、その過程の中でも人間性は出来てきます。
 よく見かける悪いタイプの建築士を上げてみましょう。

■話を聞かない、質問をしたら不機嫌になる。
 建築士でも現場監督でも多いんです。このタイプ。
 なぜ不機嫌になるかというと、質問の答えを返せるだけの「知識や経験」がないために、いわば突き放して誤魔化すという態度に出ています。
 現場監督で多いのは「大丈夫です」というワンフレーズしかボキャブラリーが持ち得ない人が多いですが、講釈に手慣れた建築士でも、このような態度に出る人は要注意です。


■専門用語多用タイプ
 説明をするときに専門用語をどんどん使って説明する人もいますが、このタイプもダメです。
 なぜダメかというと、建築のすべての所作は、日常用語でも解説出来るのですが、専門用語でしか説明出来ないということは、本に書いてあるそのまんまを覚えているだけで、自分がその意味を咀嚼して理解していないからなのです。
 専門用語がどんどん使っているから物事をよく知っているのだと思って信頼していたら大きな間違いなのです。その逆ですね。

 医師でも、訳の分からない専門用語の説明に終始し煙に巻く医師と、わかりやすく説明してくれる医師を想像すれば分かりますね。

■セカンドオピニオンを認めない
 総じて、建築士は「プライド」が非常に高いのが特徴です。
 それが高じてくると、建築主が「私の知っている設計者の意見は・・」なんて話をしようものなら、プイとすねる建築士もいます。
 また、自説を曲げるのをきらい、「これで良いんです」と押し切ってしまう設計者もいます。
 「この地域では、この程度の断熱で良いのです」と、変な自説を押し通し、自分の知らない世界に入ることをいやがる建築士もいます。


 そりゃあそうですね、今は誰でもネット情報で十分な知識を得られるのですが、それについていけない建築士は、「そこまでは不要だ」の一言で疑問や要望を「闇」に葬り去ろうとしてしまいます。情報不足の建築士に多いタイプです。


■人間的な良識から言えば
 別な意味から言えば、何でもカンでも知っている建築士なんていないのです。
 結局、上の例で言えば、「私はその部分の知識は少ないので、一緒に勉強しましょう」と返せる建築士は安心出来る建築士なのでしょうけど。。。なかなかいませんね。

「知らないと言うことを認めること」

 これが出来る人は良いの建築士の一つの判断モデルでしょうね。反対に何でもかんでも知ったかぶり、あるいは知らないものは煙に巻くのは、良くない建築士でしょうね。。。

知らないことがあるのが当たり前です。
良識の有無で建築士を判断しましょう!!

  でも、建築士として知っておくべき知識が無い人、会社もいます。

 そういう人や会社が手抜き欠陥工事を生んでいるのですが〜。

 この辺の見極めが本当に難しい・・・・ですね。

 『それ人の性を知るより察し難しはなし』
 (諸葛孔明の時代から永遠の課題ですね)


  建築士  
2012.10 「間取り図で見分ける買っていい家と悪い家」 を出版しました。住宅の購入や契約のための121のチェックポイントが網羅されています。
このホームページやサポートサービスのマニュアルにも載っていない部分もありますので、ぜひご活用ください
アマゾン(Amazon.co.jp)

2011.6 「断熱」の本を出版しました。
『よくわかる最新断熱・気密の基本と仕組み』―断熱・気密がわかれば、結露と換気もよくわかる! 断熱・気密の技術 』
下記でお求めいただけます。
アマゾン(Amazon.co.jp)
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内