業者選びと契約−失敗しない工事契約書のカンどころ住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●住宅業界を知れ!
住宅業界の特異性
ふるいのかからない業界
格差の業界
消費者の誤解
ランク指定できる
優・良・可・不可
価格の裏側
営業気質
契約の原点
住宅業界は特殊か?
業者の特徴(注文系)
業者の特徴(建売系)
業者の特徴(建築家)
許容範囲は自分流
もうひとつの自分流

●業界人を知る
・CM方式
 CM方式の注意点
 
CM方式:業者からみると
・現場監督
 現場監督の仕事って
 現場監督のタイプと傾向
 社風が品質を決める
 現場監督はつらいよ!
 現場監督の見分け方
・建築士
 建築士って「足の裏の米」?
 個人の資質が左右する仕事
 気をつけよう、こんな人
・営業マン
 営業マンの当たり外れ

 信頼できる営業マンの
        見分け方

●会社のいろいろ
契約約款を説明できない
  営業マン
正反対の社員のいる会社
大手気取りの会社
わかってくれないと嘆く会社
秘密主義の会社
地元に隠れた良店有り!


 

 

 
失敗しない工事契約書のカンどころ−もっとも大事なポイント

 住宅の建て方の契約形態の一つとしてCM方式というものがあります。
 建築士が、建築主の代理人(コンストラクション・マネージャー:CM)として、分離発注・設計・施工管理を建築主の代行としておこなう方法で、「分離発注方式」とも呼ばれています。

 メリットとしては、工事費を安くできる(工務店、ハウスメーカーに頼むより1〜2割安くなる。価格の透明性が高くなるといったことが言われています。 建築家に頼み、建築家がプランし、仕様を相談し、見積もりを見てもらい、お膳立てが出来た契約を結べば、後は工事監理も全て建築家がしてくれる。そして、1〜2割程度安くできる・・・。 なんて夢のような話なんでしょう。でも、案外トラブルが多いのもこの方式です。

■スーパーマンはいない
 そのデメリットの最たるものが、「コンストラクションマネージャーたる建築家の采配(現場監督的要素)により建物の出来、不出来が左右される」という部分で特に工事に入っていき、建物の完成前後になって顕著に表れていきます。

 たとえば、打ち合わせをしたとおりに反映されていないとか、仕上げが汚いとか、追加工事が高かった・・といった話です。どうしてこんなことになるのかというと、そもそも人間には得意、不得意というものが必ず存在しています。

 下の図は、住宅を一つ完成させるのに必要とされる仕事の分類ですが、通常、営業マンと設計者そして現場監督という3人の人間が介在することで建物は完成します。 そして、それぞれに行うべき仕事が違っています。
 ところが、CM方式というのは、一人の人間なり、一つの建築士事務所が営業マンが受け持つべき仕事、設計者が受け持つべき仕事、果ては現場監督が受け持つべき仕事の全てを担当しています。
 特に日本のCM方式では一人の建築士がスーパーマンのように何でもこなしています。

     

 私もどちらかというと設計の仕事が長いですが、それでも間取り提案は人並み。図面作成は人より得意。申請業務は不得意と、設計者が行うべき分野の仕事でありながら、それでも得手不得手があるのですから、営業マンから現場監督に至る全ての職域をそつなくこなすことは、本当にスーパーマンにでもならない限り、現実的に無理があるのです。

 そして、多くの場合はその建築家とて、仕事を受注しなければ食べていけませんし、どちらかというと現場監督がそういう仕事を始めたと言うよりも、建築家がCM方式に参加しているケースがほとんどですから、どうしても得意分野であるプラン提案や設計業務は得意なのですが、工程管理、発注、現場管理といったドロドロした現場仕事は苦手です。

 

■現場で見えてくる不具合
 そのため、プランをスタートしたときや、工事契約までは良かったのに、現場が進み出し、工事完成する頃になって、トラブルが出始めるんですね。

 多いのは、
 ・ 一部業者の仕事が汚い。
 ・ゴミが落ちている。
 ・タバコを捨てるというモラルまで管理してくれない。
 ・ペンキが透けて見えるほど薄くしか塗られていない。
 ・なかなか工期通りに出来ない。
 ・追加費用が思ったより高い。
 ・小さなところで醜い仕事が見られる・・・・。

 仕事も出来、料理もうまく、家計を任せれば安心で、子供とよく遊び、近所つきあいはそつなく・・まぁそんな外で働くご主人と家計を守る主婦の役割をどちらも完璧にこなせる人間などいないように、CM方式の問題点は、無理に不得意な分野の仕事までやらざるを得ない方式そのものに問題があるのでしょう。

 CM方式って、設計から営業、工事監理まで仕事自体が実に広範囲なのに、それを一人でこなすのですから、実に大変です。だから、不得意分野で仕事に穴が出来る・・・ある意味仕方のない仕組みかもしれません。

 CM方式って、そういうデメリットもあることをお忘れ無く・・・。

 

CM方式の注意点  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内