断熱、結露ミニ知識

インデックスページ・・

●気温についての大きな誤解
過去90年。顕著な気温上昇
熱帯夜の今後
太陽をなめるんじゃねぇぞ
田舎はなぜ涼しい
夏なのに床暖房と
     ファンヒーター

新旧住宅−涼しさ対決
体感気温は足して二で割れ

●断熱を考える前に
断熱って意外と新しい
マンション居住者は要注意
断熱計画と相性
プランと断熱効果
次世代省エネもビンきり
V地域トリックに騙されるな
基礎断熱の弱点
屋根断熱vs天井断熱

●断熱の基礎知識
断熱の基準と記号
断熱の方法と場所
断熱材料とその性能・コスト

●断熱と暖房
断熱の基礎知識
断熱性能の変遷と比較
断熱の効果と注意点
断熱化の効果とコスト
暖房豆知識
テストに挑戦

●省エネの知恵
パーゴラを作ろう
簡単オーニングを作ろう

カーテンの仕切りで快適に
暑さを半減!カーテン・テク
必殺!カーテン技法


●遮熱材ってどういうもの
遮熱材とは
遮熱材の勘違い
遮熱材のミニ実験

●エアコンの配置と工事、使い方
エアコン配置の鉄則
大きな部屋のエアコン台数
室外機とショートサーキット
隠蔽配管の良し悪し
エアコンスリーブは後か先か
筋交いの切断事故
人が快適さを感じる仕組み
エアコンを頻繁に止めるな
こもった熱は大きな輻射熱源
湿度を制す!

●断熱ミニ知識
発泡ウレタン断熱の盲点
遮熱塗料ってどうなの?
Q値を上げる秘密は窓にあり
暑さに負けない家
次世代省エネなのに!?
  【トレードオフに要注意】
自分で出来る断熱リフォーム
マンションと戸建の違い
吸気口から寒い風が入る
上手なエアコンの使い方
3階建て住宅の断熱計画
ペアガラスは結露しない?
望ましい浴室断熱

本の出版しています。ご活用ください。
2012.10 「間取り図で見分ける買っていい家と悪い家」 を出版しました。住宅の購入や契約のための121のチェックポイントが網羅されています。
このホームページやサポートサービスのマニュアルにも載っていない部分もありますので、ぜひご活用ください

2015.6 「断熱」第2版を出版しました。
図解入門よくわかる最新断熱・気密の基本と仕組み(第2版)
改訂版となる本書は、平成25年改訂の新たな省エネ法の使い方を説明しつつ、断熱や気密、防湿の基本を理解し、問題が生じたときの解決の参考になる資料として活用できます。
 
 

屋根断熱 VS 天井断熱

 屋根断熱と天井断熱。どちらが良いのでしょうか。
 この話も基礎断熱同様に、少し主観を交えた話となることをご了承ください。
 私は屋根断熱に賛成ではありません。その理由は、熱のなかに『輻射熱源』が出来るからです。

屋根裏の温度は・・。
 実際に真夏(昼)の屋根裏に登ればわかるのですが、天井断熱をしている屋根裏は、屋根からの熱が伝わり、屋根裏の温度は60℃近くにもなります。天井点検口から頭をのぞかしただけで汗が噴き出てきます。
 屋根断熱の場合は、そこまでひどくありませんが、いわば締めきった熱のこもった部屋があるという感じですね。身体を少しでも動かせばすぐに汗が出てきます。
 天井断熱の方が、屋根裏は暑くなるのに、どうして屋根断熱に賛成しないのか。

部屋の上は輻射熱源。その熱源が何で仕切られているのか?
 それは、別のページでも説明しましたが、屋根裏が『家の中の輻射熱源』となってしまうからなのです。
 エアコンをかければ、暑くなった室温も下がります。
 しかし、いくら断熱をしても、熱伝導によって少しずつ熱は室内に入ってきます。そして少しずつ屋根裏にこもった熱は、部屋のエアコンをいくらまわしたところで、風が届かないのですからエアコンで制御できません。24時間換気のファンを1台分入れたとしても、換気量は知れていますね。

  つまり、屋根断熱の場合、屋根裏にこもってしまった熱を冷ます方法が全く無いのです。これが『輻射熱』として頭の上に存在することになるのです。

 冬も似たような事になりますが、そういう『制御できない輻射熱源が家の中に出来てしまう』という点から、私は屋根断熱に否定的なのですね。
ただ、勾配天井のような屋根裏のない屋根断熱であれば、屋根断熱の厚みを確実に厚くすることで、エアコンの効率も良くなると思います。

 以上、あくまで主観。論争はお断りですが・・。

 基礎断熱や屋根断熱は、床下も小屋裏も全て外気に接しないから柱や梁といった構造体に良いのだという別のメリットがあるのは事実で、冷暖房効率よりも、そちらの効果に重点を置いて採用している場合も多いかも知れませんね。
このページの話は冷暖房効率からのお話でした。

 「こもった熱は大きな輻射熱源


基礎断熱の弱点   断熱を考える前に