断熱、結露、シックハウス-断熱と暖房住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●気温についての大きな誤解
過去90年。顕著な気温上昇
熱帯夜の今後
太陽をなめるんじゃねぇぞ
田舎はなぜ涼しい
夏なのに床暖房と
     ファンヒーター

新旧住宅−涼しさ対決
体感気温は足して二で割れ

●断熱を考える前に
断熱って意外と新しい
マンション居住者は要注意
断熱計画と相性
プランと断熱効果
次世代省エネもビンきり
V地域トリックに騙されるな
基礎断熱の弱点
屋根断熱vs天井断熱

●断熱の基礎知識
断熱の基準と記号
断熱の方法と場所
断熱材料とその性能・コスト

●断熱と暖房
断熱の基礎知識
断熱性能の変遷と比較
断熱の効果と注意点
断熱化の効果とコスト
暖房豆知識
テストに挑戦

●省エネの知恵
パーゴラを作ろう
簡単オーニングを作ろう

カーテンの仕切りで快適に
暑さを半減!カーテン・テク
必殺!カーテン技法


●遮熱材ってどういうもの
遮熱材とは
遮熱材の勘違い
遮熱材のミニ実験

●エアコンの配置と工事、使い方
エアコン配置の鉄則
大きな部屋のエアコン台数
室外機とショートサーキット
隠蔽配管の良し悪し
エアコンスリーブは後か先か
筋交いの切断事故
人が快適さを感じる仕組み
エアコンを頻繁に止めるな
こもった熱は大きな輻射熱源
湿度を制す!

●断熱ミニ知識
発泡ウレタン断熱の盲点
遮熱塗料ってどうなの?
Q値を上げる秘密は窓にあり
暑さに負けない家
次世代省エネなのに!?
  【トレードオフに要注意】
自分で出来る断熱リフォーム
マンションと戸建の違い
吸気口から寒い風が入る
上手なエアコンの使い方
3階建て住宅の断熱計画
ペアガラスは結露しない?
望ましい浴室断熱


 

 

 住宅会社の仕様書などを見ていると、たまにですが・・といいつつ、実は大手ハウスメーカーの方が多いのですが、断熱仕様として『V地域対応』と書いた上で、天井や外壁、床の断熱材の種類や厚みを記載している仕様書にお目にかかることがあります。

次世代省エネを比較してみると・・・(天井、屋根)

■地域区分
 日本列島は縦に長いですから、気候も一様ではありません。
 そのため、断熱の基準では地域を6つに分け、
 T地域は一番寒い北海道。
 U地域は青森県 岩手県 秋田県。
 V地域は宮城県 山形県 福島県 栃木県 茨城県 群馬県 新潟県 富山県 山梨県 長野県 岐阜県 福井県 滋賀県 石川県 以下、
 W地域、X地域・・と分けています。
 W地域はも関東、中部、関西、中国、四国、九州のほとんどを含みます。
(注:実際には市町村単位で区分され、もっとも細かいですが・・・)

 

 当然、誰が考えてもW地域よりも、V地域の方が寒いですね。ですから当然に、W地域に入れる断熱材よりも、V地域に入れる断熱材の方が良いだろう。断熱性能は高いはずだ・・と思います。当たり前ですね。そう思うのが・・・。

 ところが、実はV地域とW地域の断熱材の厚みは、全く同じなのです。(下表の左がV地域の厚み、右がW地域の厚みです。)

 この人間の抱く素朴な思い込みを利用して、一部ハウスメーカーでは、『W地域対応』と書かずに、『V地域対応』と書いている仕様書があります。そして、建築主の中にも、断熱性能を上げたいという理由から、ハウスメーカーに「W地域でなく、V地域の仕様でお願いします」と変更をもとめる方もいました。(過去のサポートサービスの事例)

 でも、でも、国が定めた仕様では、V地域も、W地域も断熱材の厚みはっまたく同じなのです。 その理由は、建物全体の熱損失を計るQ値では、W地域が2.7なのに対して、V地域は2.4なので、性能的には良くしているのですが、その0.3の差を窓や窓ガラスで対処しているのです。

 つまり、V地域の天井や外壁、床に使用する断熱材の厚みは、W地域と同じなのですが、窓または窓ガラスは、W地域よりも1ランク上の建具を使うことで、建物全体の断熱性能を底上げしていたのです。そのため、建具の欄で「V地域対応」と書くのならわかるのですが、わざわざ断熱材のところで「V地域対応」と書いている場合がほとんどです。

 そうすると、「あっ。断熱材の厚みもW地域よりも厚くなっているはずだ」と誤解をしてしまいます。ハウスメーカーの嫌らしい商法の一端です。ご用心を!

    


  断熱を考える前に  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内