断熱、結露、シックハウス-断熱と暖房住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●気温についての大きな誤解
過去90年。顕著な気温上昇
熱帯夜の今後
太陽をなめるんじゃねぇぞ
田舎はなぜ涼しい
夏なのに床暖房と
     ファンヒーター

新旧住宅−涼しさ対決
体感気温は足して二で割れ

●断熱を考える前に
断熱って意外と新しい
マンション居住者は要注意
断熱計画と相性
プランと断熱効果
次世代省エネもビンきり
V地域トリックに騙されるな
基礎断熱の弱点
屋根断熱vs天井断熱

●断熱の基礎知識
断熱の基準と記号
断熱の方法と場所
断熱材料とその性能・コスト

●断熱と暖房
断熱の基礎知識
断熱性能の変遷と比較
断熱の効果と注意点
断熱化の効果とコスト
暖房豆知識
テストに挑戦

●省エネの知恵
パーゴラを作ろう
簡単オーニングを作ろう

カーテンの仕切りで快適に
暑さを半減!カーテン・テク
必殺!カーテン技法


●遮熱材ってどういうもの
遮熱材とは
遮熱材の勘違い
遮熱材のミニ実験

●エアコンの配置と工事、使い方
エアコン配置の鉄則
大きな部屋のエアコン台数
室外機とショートサーキット
隠蔽配管の良し悪し
エアコンスリーブは後か先か
筋交いの切断事故
人が快適さを感じる仕組み
エアコンを頻繁に止めるな
こもった熱は大きな輻射熱源
湿度を制す!

●断熱ミニ知識
発泡ウレタン断熱の盲点
遮熱塗料ってどうなの?
Q値を上げる秘密は窓にあり
暑さに負けない家
次世代省エネなのに!?
  【トレードオフに要注意】
自分で出来る断熱リフォーム
マンションと戸建の違い
吸気口から寒い風が入る
上手なエアコンの使い方
3階建て住宅の断熱計画
ペアガラスは結露しない?
望ましい浴室断熱


 

 

 

 2011年7月15日。
 非常に貴重な経験をしてきました。
 台風前のもっとも暑かった日です。

 建物は完成したのですが、少し気になるところがあり、客観的な第三者の目で完成度をジャッジとして欲しい、という依頼を受け、滋賀県の新築住宅(未入居、引き渡し前)に伺い、一般的な完成検査を行いました。

 

■モダンな住宅の概要
 その家は、右の写真(下)にあるような、いわゆるモダンなデザインの住宅で、屋根はガルバニューム鋼板。断熱は次世代省エネルギー仕様(ただしトレードオフ制度利用)、ガラスはペアガラス(Low-Eではありません)、写真のデザイン同様に庇は全くありません。(写真はイメージです。伺った家そのものではありません)

 断熱は天井、外壁とも高性能グラスウール16K 100mmで、外壁は、モルタル及びフラットなサイディングです。
  まさに下の写真のようなモダンな家だったのです。 そして少し広い家だったので、検査のために1時間半程度いたでしょうか。 窓は開いていますが、エアコンは入っていません。

 そうすると、やはり途中から身体に汗が浸みだしてきます。 1時間半たつたころには、そこそこ身体全体にビッシリと汗が吹き出していました。 そりゃあ、冷房の入っていない室内にずっといたのですから暑いです。    

 そして、総括のために、すぐ隣にある母屋の方にお邪魔しました。

■古民家の概要
 そこは、右の写真(上)のように、日本瓦の屋根、大きなたたずまい。土壁。そして何より大きな庇。開放的な間取りと窓の、よく田舎の古い民家にある住宅そのものなのですが、その家の涼しかったこと。(それぞれイメージです)

 たった一杯の麦茶だけで、今まで噴き出していた汗も引いていき、十分に身体が冷えていきました。 そして、30分座っていても、汗も出てきません。
(もちろん、エアコンなど入っていません。窓を開けているだけです)


 この2つの家。
 新しい家は、息子さんのために建てられた家。
 となりの母屋(古民家)は、そのご両親の家なのです。

 よく日本の住宅は夏向きに作られている・・という話を聞くことがあります。
 そうだろうとは思いつつ、言葉の受け売りをしてきた私ですが、 今回、全く同時に、本当に隣り合わせで、瓦屋根、土壁、大きな庇を持つ本当の古民家と、薄い鉄板の屋根、庇もなく、断熱材だけで暑さをしのぐ現代住宅、特にもっともモダンなデザインと思われる住宅の完全な実体験を比較してみると、まさに昔の住宅は、次世代省エネルギーの住宅だ〜なんて偉そうにしている住宅よりもはるかにはるかに夏はしのぎやすかったのです。

 こういう実体験はしたくてもなかなか出来ません。少なくとも同時に、同じ場所で正反対の住宅にお邪魔できる機会などまず無いでしょう。ひょんなことから、本当に得難い経験をすることが出来、同時にその違いを実感することが出来ました。

■結論

 どんなに断熱技術が向上しようとも、厚い瓦、気温を下げる大きな小屋裏や土壁、太陽を遮る大きな庇、開放的な間取りと、そこを吹き抜ける風から得られる『涼』は、逆立ちしても今の断熱技術で補えきれるもので無いと感じてしまいました。

 端的に言えば、エアコンがなければ汗が噴き出してくる次世代住宅。 何もしなくても窓を開けるだけ、麦茶一杯で涼しい古民家。夏のエコ対決は、古民家の圧倒的勝利でした。
注:あくまでも夏の比較です。


  気温についての大きな誤解  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内