断熱、結露、シックハウス-断熱と暖房住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●気温についての大きな誤解
過去90年。顕著な気温上昇
熱帯夜の今後
太陽をなめるんじゃねぇぞ
田舎はなぜ涼しい
夏なのに床暖房と
     ファンヒーター

新旧住宅−涼しさ対決
体感気温は足して二で割れ

●断熱を考える前に
断熱って意外と新しい
マンション居住者は要注意
断熱計画と相性
プランと断熱効果
次世代省エネもビンきり
V地域トリックに騙されるな
基礎断熱の弱点
屋根断熱vs天井断熱

●断熱の基礎知識
断熱の基準と記号
断熱の方法と場所
断熱材料とその性能・コスト

●断熱と暖房
断熱の基礎知識
断熱性能の変遷と比較
断熱の効果と注意点
断熱化の効果とコスト
暖房豆知識
テストに挑戦

●省エネの知恵
パーゴラを作ろう
簡単オーニングを作ろう

カーテンの仕切りで快適に
暑さを半減!カーテン・テク
必殺!カーテン技法


●遮熱材ってどういうもの
遮熱材とは
遮熱材の勘違い
遮熱材のミニ実験

●エアコンの配置と工事、使い方
エアコン配置の鉄則
大きな部屋のエアコン台数
室外機とショートサーキット
隠蔽配管の良し悪し
エアコンスリーブは後か先か
筋交いの切断事故
人が快適さを感じる仕組み
エアコンを頻繁に止めるな
こもった熱は大きな輻射熱源
湿度を制す!

●断熱ミニ知識
発泡ウレタン断熱の盲点
遮熱塗料ってどうなの?
Q値を上げる秘密は窓にあり
暑さに負けない家
次世代省エネなのに!?
  【トレードオフに要注意】
自分で出来る断熱リフォーム
マンションと戸建の違い
吸気口から寒い風が入る
上手なエアコンの使い方
3階建て住宅の断熱計画
ペアガラスは結露しない?
望ましい浴室断熱


 

 

 

 前ページでは、コンクリートやアスファルト舗装だらけの都会では、いやが上にも熱は高くなる、下がりにくい要素ばかりがある。
 そして、エアコンの室外機からの排気熱、料理店の換気扇から出る熱風、自動車のエンジン熱、排気ガスといった発熱材料に事欠かず、コンクリートやアスファルトなど蓄熱体にも事欠かない都会は、まさに『熱を貯めるためにある街』と説明しました。

 つまり、都会では、夏なのに床暖房とファンヒーターがいたるところに備わっているのです。

 私たちが熱を感じるのは、
・放射・・太陽からの日射や、ストーブからの直接の熱を感じる
     ひさしやすだれが有効なのは、この放射に対してです。
     Low-eガラスは、放射対策+下の伝導対策です。

・対流・・空気の動きで熱を感じる。簡単に言えば風です。
     熱を排出するために換気をします。
・伝導・・ものを通じてじわじわと伝わる。
     断熱材を入れるのはこのためです。

        

■放射熱源としてのアスファルト舗装
 さて、都市部では、自然に発生する熱源以外に、アスファルトやコンクリートが熱せられ、まるで夏なのに床暖房をしているような状態になっています。その放射熱は、足下から忍び寄り、大人より子供の方が地面に近い分暑いです。
 そして、最近増えているのが、ペットの足裏にある肉球のやけどらしいです。
 これは、上の放射熱です。

 つまり都市では、新たな放射熱源が大量に作られている。
(理論的には、コンクリートもアスファルトも蓄熱体です。太陽を浴びて蓄熱し、その熱を放出しているのです。まぁ、蓄熱暖房機を地面に敷き詰めているようなものですね。一生懸命にね。ただ、触ると暑さが違いますから、アスファルトの方が熱をため込み、コンクリートの方は、むしろ熱反射の方が大きいのかも知れませんが・・)

■放射熱源としてのエアコン室外機
 さらに、エアコンの室外機や、飲食店の厨房から排出される換気扇の熱、自動車のエンジンから発する熱もすべては効率の良いファンヒーターなのです。それは近くを通ると暑いという対流として感じています。

 夏なのに、床暖房とファンヒーター。
 それが大都会と考えた方が良いでしょうね。

 そういう都会でもっとも過酷な仕事は、炎天下の交通整理のガードマンかも知れませんねぇ。 住宅の工事で言えば、日陰のない炎天下に、しかもコンクリートなり、屋根瓦という暑くなる材料が足下にある基礎屋さんと、屋根屋さんではないでしょうか。

 クールビスなんていう体裁だけの対策より、本気の暑さ対策が必要になってくる日本です。 ところで、こういう季節のお茶出しは何が良いのでしょうか。 炎天下で作業している人たちは、大量の汗をかいています。 コーヒーやジュースなどの甘い飲み物よりも、やはり、麦茶やお茶、一定の塩分などが補給されるスポーツドリンクの系統が一番ではないでしょうか。


  気温についての大きな誤解  
2012.10 「間取り図で見分ける買っていい家と悪い家」 を出版しました。住宅の購入や契約のための121のチェックポイントが網羅されています。
このホームページやサポートサービスのマニュアルにも載っていない部分もありますので、ぜひご活用ください

2011.6 「断熱」の本を出版しました。
『よくわかる最新断熱・気密の基本と仕組み』―断熱・気密がわかれば、結露と換気もよくわかる! 断熱・気密の技術 』
下記でお求めいただけます。
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内