断熱、結露、シックハウス-シックハウス対策住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●カビ・結露を防ぐ
結露はなぜ起こる
結露、カビ、ダニはお友達
マンションの結露対策
戸建住宅の傾向と対策
快適生活術
新しい住まい方
カビの発生メカニズム

●内部結露が心配
内部結露が心配
防湿シートの有効性
材料の透湿性能
工事の現実
工法への疑問
均衡を保つ自然現象
周囲の温度に順応する材料
合板のあるなしによる結露
クロスという防湿堤防
結露の本当の怖さ−気化熱

結露防ぐ通気工法と外断熱
内部結露のまとめ

●シックハウス対策
シックハウス症候群とは
3つのステップ
建材の選択
プランの要点
プラン諸々
住まい方
業界裏話

●結露ミニ辞典
結露が窓下に起こる理由
サッシの材質と結露対策



 

 

 
シックハウス対策-シックハウス症候群とは
近年、室内空気汚染、シックハウス症候、化学物質過敏症など、いろいろな名称で言われていますが、居住者が、建物が原因でのめまい、吐き気、頭痛、平衡感覚の失調や呼吸器疾患などいろいろな症状、体の不調を感じる事が大きな問題となりつつあります。
しかし、医学的な統一見解や行政側の取り組みも遅れているのが現状です。
シックハウス症候群とは(Sick Building Syndrome)の和略
Sickとは、「病気の」という意味。
直訳すれば「病気の家、症候群」とでも言うべきなのでしょうか。
注)このページでは、シックハウス症候群という名称で統一しています。
誰でもかかりうる要素がある(どのぐらい感じているか)
兵庫県の県立生活科学研究所の調査では、阪神大震災後の新築、増改築などの後、16%程度の人がこの問題を感じているという調査結果があります。また、戸建て、マンションに関わらず起きています。 シックハウス図1
1999.12.13の厚生省の調査報告では、新築住宅67戸、中古住宅318戸を調査した結果、6%の住宅で基準値を超えていた。
また、新築と中古の比較でも、新築の方が6.4〜1.4倍の濃度だった。というものでした。
シックハウス図2
右の表は、上記厚生省調査の中の揮発性物質の室内濃度と室外濃度の比較、
新築と中古住宅の濃度比較です。
シックハウス図3
他の原因と錯覚しやすい(症状 )
この症状はシックハウスだという固有の症状はなく、個人差も大きいが、一般的には次の症状が出ると言われています。

・慢性疲労・思考力の低下。
・ 頭痛。
・注意力の低下・意欲の低下。
・寝付きが悪い。
・朝すっきり起きられない。
・イライラ・怒り・感情の爆発
自律神経障害 発汗異常・手足の冷え・易疲労感
精神障害 不眠・不安・うつ状態・不安愁訴
末梢神経障害 のどの痛み・乾き
消化器障害 下痢・便秘・悪心
眼科的障害 結膜の刺激的症状
循環器障害 心悸こう進
免疫障害 皮膚炎・喘息・自己免疫疾患
資料 :保健婦雑誌第55巻 国立公衆衛生院 池田耕一氏執筆文より

自己診断

入居後 自律神経失調症、花粉症、更年期障害やストレスからくる疾患などとも間違いやすいが、そのような原因ゃ症状がなく、戸建て、マンションに限らず、住宅を新築、増改築・購入した後に限って、このような症状が出た場合は疑ってみる必要があります。
入居前 丸1日以上閉めきった住宅に入って、しばらくすると目がチカチカする。頭痛がするなどの症状が出るとシックハウスの症状にかかっている可能性があります。
窓を開けた部屋でも、2.3時間以上いると、同じような症状や不快感などを感じる場合も同様です。
個人差 この問題は、非常に個人差が大きく、同じ家族の人でも感じる人とあまり感じない人がいます。

 

これがすべてではない(シックハウスの代表的原因物質 )

原因は、防腐剤、塗料溶剤、接着剤、木材保存剤、防蟻剤などいろいろな建材の中に含まれている科学物質です。しかし、下の表以外にもまだまだ多くの原因物質があります。

■代表的化学物質とその使用材料
化学物質の名称 主な用途 具体的材料名
ホルムアルデヒド 合板などの接着剤として利用されている。
発ガン性物質
合板・パーティクルボード・グラスウール(断熱材)・フローリング・ビニール壁紙
トルエン 接着剤や塗料の溶剤(揮発性溶剤) 油性ニス・木工ボンド・ポリウレタン、エマルジョン接着剤
キシレン 接着剤や塗料の溶剤(揮発性溶剤) アルキド樹脂塗料・アクリル樹脂塗料
ベンゼン 接着剤や塗料の溶剤(揮発性溶剤)  
木材保存材 土台などの木材の防腐剤用 木材保存材(現場処理・薬剤注入)
ただし、加圧注入、浸透処理したものの放散量はきわめて少ない。
可塑剤 材料を柔らかくする薬剤。
クロス、フローリングなどの加工に利用されている。
 
防蟻剤 シロアリ駆除のための木材処理や土壌処理に使用されている。 防蟻剤(現場処理・薬剤注入)
VOC ・トルエン、キシレン、ベンゼンなどは、諸外国・国際機関によっては発ガン性物質と考えられています。
・またこれらを、VOC(揮発性有機化合物)として、ホルムアルデヒロとは異なる指標づくりを厚生省は考えているようです。
  ・塩素系洗剤などで浴室を掃除していると頭が痛くなったりすることがありますが、多くの建材・カーテン・クリーナー・芳香剤など、生活のいろいろな部分に化学物質は入り込んでいます。農薬、除草剤、花粉、排ガス、ダイオキシン、上げればきりがないほどの空気汚染物質が大気の中に充満しています。

      空気汚染物質
                 
汚染物質


その全てを根絶することも、
その全てを使わないで生活することも出来ません


それならば
建物にも良く、人にも優しい対策を考えてみましょう。

そのキーワードは、「空気をきれいに」



  シックハウス対策  
2012.10 「間取り図で見分ける買っていい家と悪い家」 を出版しました。住宅の購入や契約のための121のチェックポイントが網羅されています。
このホームページやサポートサービスのマニュアルにも載っていない部分もありますので、ぜひご活用ください

2011.6 「断熱」の本を出版しました。
『よくわかる最新断熱・気密の基本と仕組み』―断熱・気密がわかれば、結露と換気もよくわかる! 断熱・気密の技術 』
下記でお求めいただけます。
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内