断熱、結露、シックハウス−内部結露が心配住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●カビ・結露を防ぐ
結露はなぜ起こる
結露、カビ、ダニはお友達
マンションの結露対策
戸建住宅の傾向と対策
快適生活術
新しい住まい方
カビの発生メカニズム

●内部結露が心配
内部結露が心配
防湿シートの有効性
材料の透湿性能
工事の現実
工法への疑問
均衡を保つ自然現象
周囲の温度に順応する材料
合板のあるなしによる結露
クロスという防湿堤防
結露の本当の怖さ−気化熱

結露防ぐ通気工法と外断熱
内部結露のまとめ

●シックハウス対策
シックハウス症候群とは
3つのステップ
建材の選択
プランの要点
プラン諸々
住まい方
業界裏話

●結露ミニ辞典
結露が窓下に起こる理由
サッシの材質と結露対策



 

 

 
内部結露が心配-工事の現実


 実験−2では、わずかな隙間があるだけでも隙間のない材料の10倍の水分(湿気)を通過させてしまうことがわかりますね。
 また、材料の透湿抵抗の値も、実は材料単体の透湿抵抗の値でしかありません。
 では、隙間はどうして生じるのでしょうか。それは、下表のアスファルトルーフィングの材料単体の透湿抵抗値が300なのに対して、完全施工をしても材料性能値の半分以下になってしまい、雑な施工だと6にまで透湿抵抗値が下がってしまっています。このように、透湿抵抗は、施工精度に大きく依存していることがわかります。

 つまり、いくら防湿効果の高い材料を使っても、施工精度がいい加減、つまり、隙間だらけでは全く意味がないことになります。
材料名
透湿抵抗
アスファルトルーフィング(材料自体)
300
アスファルトルーフィング(完全施工)
137
アスファルトルーフィング(雑施工)
6


 公庫仕様書や断熱材メーカーの施工資料では、防湿層は連続して貼らなければならないと書かれ、欠損部分は、防湿テープで補うように書かれています。でも、教科書に書かれているようなことが、実際の現場で可能なのでしょうか?

・施工の実態

Aの写真は、何も障害物が無く、公庫仕様書通りにきれいに貼られた防湿層です。でも、BとCの写真は既成の断熱材を使っているために寸法が合わず、上と中間部分は隙間が生じています。Dは、換気用のダクトを取り付ける部分ですが、防湿層は破らざるを得ません。
Eも配管が集中すれば、防湿層を連続的に貼ることは不可能です。
FとGは、細切れの下地構成になってしまったために断熱材を押し込み、Hでは、防湿層を捨てて断熱材だけを入れています。Iの写真はコンセント廻りの断熱材です。Jは、筋交いが邪魔をして断熱材を筋交いの後ろに押し込んでいます。
 つまり、実際の現場では、やむを得ず防水層を連続出来ない箇所が随所に出てきますし、2X4工法よりも軸組工法(在来工法)の方が筋交いや金物が多用される関係で多く発生しています。そして、これらの部分では、実験−2の1m2当たり2cm角以上の大きな隙間が生じていることになります。
 隙間だらけのこのような施工では、防湿層は本来的な役目を果たしていないことになり、これらの建物では内部結露が発生していると考えられますが、多くの建物でこのような施工がなされ、かといって欠陥住宅は騒がれても、内部結露が大きな瑕疵事象に発展していない事実をどう考えるべきでしょうか?

  内部結露が心配  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内